住まいを守る雨樋の重要性

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca1k274
お電話の際必要です

住まいを守る雨樋の重要性

カテゴリー:雨樋

皆さまは雨樋(雨どい)とは何かご存知でしょうか?見た目はわかるけど、何のためについているか分からない…という人も多いと思います。雨樋とは、屋根から流れ落ちてきた雨水を適切に排出するための設備のことを指します。目立たない位置に設置されていることもあり、日常的に重要性を感じられることはありませんが、実は家にとって大切な役割を担っているのです。

雨樋の重要性

雨樋の重要性

「何故わざわざ雨水を集める必要があるの?」「雨水なんて垂れ流しても問題ないのでは?」そんな疑問をよく見かけますが、雨の多い日本では雨樋は必要不可欠です。

雨樋がない、もしくは壊れている住宅は、雨が降ったときに雨水の行き場がなく屋根から滝のように水が流れてきます。その雨水は外壁を垂れ流れ、地面を抉って泥はねを飛び散らします。汚れが酷いと美観的にもよくありませんが、それどころか雨水は家を破壊する力を持っているのです。

外壁の腐食の危険性

雨樋が無ければ雨水は軒先から垂れるように外壁に流れ落ちます。外部に晒されている外壁は防水施工がされていますが、それでも雨が降る度にずぶ濡れになっていれば外壁内部に雨水が染み込みます。そうすれば壁からじわじわと建物内部の腐食がはじまってしまうのです。

基礎周りの腐食の危険性

屋根から直接地面に雨水が落ちると、軒下が水溜りまみれになったり土が抉れたりします。そんなことが続けば地盤がゆるくなり、家周辺の土壌が不安定な状態になってしまいます。建物の根幹が不安定になると思うと、想像するだけでも危険であることがお分かり頂けるでしょう。

また、建物の基礎周りの湿度が高くなると木材腐朽菌(もくざいふきゅうきん)という菌が発生します。この菌は木材を腐食を進行させるため、家そのものにもダメージを与えることとなります。

シロアリ発生の危険性

更に湿気が酷くなるとシロアリが発生する危険性もあります。シロアリは木材が大好物で、一度発生すると住人が気付かない内に建物内部を食い荒らし家をボロボロにしてしまいます。シロアリに食いつくされた建物は耐久性が著しく低下し、危険な状態となってしまいます。最悪の場合は家を建て直さなければいけなくなることも有り得ます。


雨が住宅に与えるダメージは皆さまが思っている以上に大きく、家の天敵であると言っても過言でありません。その雨から住宅を守るためにも、雨樋は家にとって必要不可欠な存在となっています。

雨樋の破損例

雨樋の破損例

重要な役割を持っているだけに、雨樋の負担は相当なものです。しかし、下からではよく状態がわからないため「いつの間にか破損していた」という事態に陥ることが非常に多くなっています。参考までに雨樋の破損例を挙げましょう。

  • 経年劣化で徐々に樋が歪んでしまった。
  • ゴミなどの詰まりを放置して劣化が進んだ。
  • 施工不良のせいで傾きが適切ではない。
  • 積雪による被害で沈むように湾曲してしまった。
  • 台風で支持金具が外れた。
  • 突風や強風で割れてしまった。

このように雨樋が破損している場合は早急に修繕工事が必要になります。

雨樋はどこがどう壊れているかにより修理費用が大きく変わるため、具体的な相場を提示することは難しいです。一部の調節程度で済めば1万円かからない場合もありますし、大規模な修繕や交換になりますと30~50万円ほどかかる場合もあります。思いがけない出費になることも考えられますが、家全体を建て替える危険性を考えれば背に腹は代えられません。

しかし上記の雨樋の破損例の中には火災保険を利用して直せるものもあります。

災害による破損は火災保険で直せる!

災害による破損は火災保険で直せる!

正解は下3つの自然災害が原因である「積雪・台風・突風」のケースです。火災保険には台風や突風・強風など風による被害を補償する「風災補償」と、積雪や落雪など雪による被害を補償する「雪災補償」があります。雨樋が破損した原因がそれらに当て嵌まれば火災保険が適用され、損害に対する保険金が支払わるのです。

しかしここで問題になるのが「20万フランチャイズ」です。皆さんは聞いたことがおありでしょうか?

20万フランチャイズとは?

20万フランチャイズとは、保険対象の損害額が20万円を超えれば保険金が全額支払われるが、超えない場合は1円も支払われないという火災保険のシステムです。これは古いタイプの火災保険に設定されていることが多く、主に風災・雹災・雪災に適用されます。そのため「どうせ20万円にいかないだろう」と申請を諦める方が非常に多いのです。

ところが前述の通り雨樋修理はピンキリなので、調査してみないことには分かりません。雨樋費用には場合によっては足場が必要になるため、それだけで20万円に達することも有り得ます。

また、雨樋にダメージを受けているということは、住宅のその他の部分も破損している可能性があります。諦めずに、まずは保険が適用されるか家を徹底的に調べあげることが大切です。

火災保険の申請はお任せ下さい!

火災保険の申請はお任せ下さい!

最初から保険金を貰うことを諦めず、まずは損害をお調べして保険申請をしませんか?屋根ットでは工事をご依頼いただいたお客様に対して、火災保険が適用されるか無料でお調べする調査業者をご紹介するサービスを実施しています。このサービスは保険申請から修繕工事まで一貫でお任せすることが可能で、保険金が下りた場合は安く修理が行えるのでとってもお得です!

この機会に、まずは無料調査をお任せしてみませんか?雨樋修理をお考えの方は、お電話またはメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca1k274
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付