雨樋の天敵は自然災害!火災保険で直す方法

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca1k312
お電話の際必要です

雨樋の天敵は自然災害!火災保険で直す方法

カテゴリー:雨樋
雨樋の天敵は自然災害!

最近では頑丈なタイプの雨樋(雨どい)も販売されていますが、自然災害には敵わないようで災害時にはたくさんの被害報告が寄せられます。雨樋が破損すれば建物外部の排水機能が麻痺してしまうため、被災した後は必ず雨樋の状態を確認しましょう

災害で受ける雨樋の被害

雨樋が排水機能を失うと雨水が溢れたり行き場を失ったりして、本来は流れるべきではないところが水浸しになってしまいます。そうなると住宅の隙間から雨水が漏れて雨漏りが始まったり、外壁や基礎を痛めたりする可能性があります。被災時には雨樋の破損に十分気をつけましょう。災害が原因であれば、火災保険が利用できる可能性もあるのです。

雪害で受ける被害

雪害で受ける被害

「雨水を受け止めるのだから多少の雪なら平気だろう」そう思ってはいませんか?実際のところ、雪害は凄まじい破壊力を持っています。

雪はふわふわと軽いイメージがありますが、降り積もって時間が経つととてつもない重さになります。1立方メートルの場合、積もりたての新雪であればおよそ50kg~150kg、時間が経過してガチガチに固まった雪はおよそ300kg~500kgもの超重量となるのです。

屋根でしたら多少の積雪には耐えますが、雨樋は屋根ほど強度がありません。そのため豪雪が発生すると雨樋が壊れて困る人が沢山出てくるのです。

近年は災害の激化が進み、北日本だけではなく都心を含む関東地方にも大きな豪雪被害が出ています。あまり雪の降らない地域の住宅は積雪に耐えられるような造りを考慮されていないことが多いため、被害が増加してしまうのも当然であるとは言えます。

風災で受ける被害

風災で受ける被害

日本は毎年台風・突風・強風など、様々な風災によって大きな被害を受けています。特に台風は屋根・外壁に甚大な被害を与えていき、それは雨樋とて例外ではありません。

多くの雨樋は支持金具で樋を支える構造であるため、強風などの強い力を受けると支持金具から外れて垂れ下がるような形になる、酷いときは完全に地面に落ちてしまうなどの被害が出ます。更に樋と樋を繋げる部分の継ぎ手が外れてしまうことあり、強い台風が通り過ぎた後は目も当てられない状態になっていることも

ただ外れただけなら元に戻せば問題ありませんが、破損をしている場合は修理が必要であるため業者に判断を仰ぎましょう。

豪雨で受ける被害

豪雨で受ける被害

7月から9月にかけては特にバケツをひっくり返したような豪雨が多いですが、雨樋はそういったダメージを蓄積して徐々に時間をかけて傾いたり歪んでしまうことがあります。

このケースは自然災害ではなく経年劣化と呼ばれるもので、時間の経過で自然に劣化したと判断されます。雨樋は雨を受け止める役割を持っているため、当然と言えば当然ですね。

経年劣化による被害は火災保険では補償することができません。ですが、築10年以内であればメーカー保証を利用しましょう。被災もしていないのに10年以内に損害が出た場合は雨樋の機能を果たしていないということになり、施工不良の可能性があります。

施工不良はしっかり保証に入っていれば無料で修理してもらえると思いますので、施工業者やメーカーに連絡することをおすすめします。保証も保険も適切に加入しておけば、家に何かあったときに慌てず対処することができますね。

被災時は早めに保険申請をしよう

火災保険に加入していれば、雪害による被害は「雪災補償」、風災による被害は「風災補償」で保険申請することが可能です。ただし雨樋は何かと負担の多い設備ですから、損害を放っておくといつの間にか「被災した」という事実が薄れ、経年劣化であると判断される確率が高くなります

そんな事態を避けるためにも、雨樋の損害には常日頃から気にかけるようにしましょう。毎日入念なチェックをする必要はないので、「あれ?おかしいな?」と思った時点で一度点検をすると良いでしょう。

雨樋の破損にお困りの方は是非屋根ットにお任せください。当サイトにご相談いただければ、ただ修理するだけではなく保険が適用されるかの調査、そして火災保険の申請まで無料で行ってくれる優良業者をご紹介します。調査費用などは頂いておりませんし、下りた保険金で安価に雨樋を修理することが可能です。

家の損害は早く直すことが一番。そして保険の請求も過去3年までと決まっているため、手遅れになる前にまずはご相談だけでもして頂ければと思います。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca1k312
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付