雨漏り二次被害の脅威!家がダメになる危険性

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca5k1403
お電話の際必要です

雨漏り二次被害の脅威!家がダメになる危険性

カテゴリー:住宅コラム
雨漏り二次被害の脅威

住宅トラブルにおいて最大の脅威は雨漏りです。雨漏りは室内や家財を濡らしてダメージを与えるだけでなく、連鎖的に多くの二次被害を引き起こす可能性があります。放っておけば家一軒が丸ごと駄目になってしまうことだって有り得る恐ろしい問題です。

今回は「濡れたら拭けば良い」なんて考えを吹き飛ばすような雨漏り二次被害の実態をお伝えします。

主要構造部の腐食

主要構造部の腐食

雨漏りがはじまれば、屋根・壁・柱・床・梁などの主要構造部を通り道にするように雨水が建物内部に流れ込みます。室内に染みなどの異変が見られればまだ良い方で、最悪の場合は見えないところで静かに雨水が巡っていることもあります。

気づかない内に住宅に流れ込んだ雨水は、建物の根幹となる木材をどんどん腐食させます。建物の基礎である主要構造部が傷めば建物の耐久性も価値も低下し、取り返しのつかないことになりかねなません。

シロアリの発生

シロアリの発生

建物の腐食が進行するとシロアリ(白アリ)などの害虫が発生しやすくなります。シロアリは腐った木材や下地材などが大好物で、小さな身体に似合わず暴食です。壁を一枚捲ってみたらシロアリが繁殖しており、柱が一本なくなっていたということケースも珍しいことではありません。

シロアリに食い荒らされた建物は修繕費用が100万円を超える場合もあり、あまりに損傷が激しければ建物が倒壊する危険性があるほどです。

シックハウス症候群の発症

シックハウス症候群の発症

室内の空気汚染によって発症する健康被害のことをシックハウス症候群と言います。これは家具や生活用品の化学物質が原因となることが多いですが、カビやダニが原因で発症することもあります。雨漏りが進めば湿気を伴った家はカビの発生も誘発します。

シックハウス症候群は咳・眩暈・吐き気・目の痛みや痒み・耳鳴り・頭痛・肌荒れや蕁麻疹など症状が多岐にわたり、更には自覚症状ばかりであるため原因に気づきにくいという点もあります。雨漏りは住居だけではなく家族の健康にまで害を与える可能性があるのです。

漏電事故

漏電事故

更に恐ろしいのが、雨漏りは漏電を引き起こす原因にもなり得るということです。住宅に雨水が流れ込めばブレーカーやコード類が濡れてしまいます。漏電が発生すれば、コンセントに繋いである電化製品は故障するなどの損害を受けるでしょう。

それだけで済めばまだ良い方ですが、最悪の場合は室内にいる人間が感電する、漏電をきっかけとして火災が発生するなどの事故に繋がります。雨漏りは命に危険を及ぼすこともある、このことを知っている人はほとんど居ないのではないでしょうか。

雨漏りは早期修繕が大事

雨漏りの恐ろしいところは、これらの損害が気づかないところで進行している可能性があることです。室内に雨漏りのサインが出ているのはまだラッキーな方です。室内が湿っぽかったり、ポタポタと水音が聞こえたりする場合は早急に建物の点検を行いましょう。

雨水はどこからでも染み込むことができるため、侵入経路を探すことは困難です。事前に雨漏りを防ぐためには、住宅の損害を放置せずに迅速に修理を行うことが最も効果的と言えるでしょう。特に屋根や外壁の損害を放置していれば雨水の侵入口になる可能性が非常に高いです。

もし住宅の損害にお悩みでしたら、屋根ットにご依頼ください。雨漏りが始まる前にご自宅に損害がないか、専門の調査員がくまなくチェックいたします。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca5k1403
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付