チョーキング現象は塗装の塗り替えサイン!

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca5k2350
お電話の際必要です

チョーキング現象は塗装の塗り替えサイン!

カテゴリー:住宅コラム

外壁を触ったときに手に白い粉がついたことはありませんか?あれはチョーキング現象と言い、外壁塗装の劣化サインの一つです。特に目立った外傷が見られないため放置してしまう人も多いですが、チョーキング現象は塗り替えメンテナンスの目安と言われています。塗装の耐久性が著しく落ちていることを示しているので、見過ごさないようにしましょう。

チョーキング現象は劣化のサイン

チョーキング現象は劣化のサイン

チョーキング現象は外壁の塗膜が劣化していることの表れです。具体的には塗料に含まれる成分が粉化して表面に浮き出てくるもので、原因としては紫外線や風雨のダメージを受けての劣化が考えられます。

チョーキング現象はすぐさまトラブルに発展するというわけではありませんが、外壁の防水性や耐久性が低下している状態です。無防備な外壁を放っておくと徐々にコケやカビの発生、ヒビ割れなどのトラブルに繋がる可能性もあるため放置することはやめましょう。

外壁塗り替えのタイミングは判断が難しく、どの段階で行えばいいのか悩まれている方も多いです。チョーキング現象は素人の方でも確認できるので、ご自宅の状態が気になる方は外壁を撫でてみてください。もし手に塗料の粉が付着するなら、あなたの家もそろそろ塗り替え時期だということです。

対処法は塗装の塗り替え

対処法は塗装の塗り替え

チョーキング現象は塗装の劣化を知らせるものなので、下地に破損が見られなければ塗り替えで済むことがほとんどです。塗り替えを行う際は高圧洗浄を行い、表面の粉をきちんと流すようにしましょう。粉が十分に落ちていなければ新しく塗った塗料も剥げやすくなってしまいます。

また、チョーキング現象の原因は劣化ではなく塗料が地域性に合っていなかったという場合もあります。海や山に囲まれ四季に恵まれた日本は、立地によって風が強かったり、雷雨が多かったり、大雪の多い豪雪地帯だったり、塩害が酷かったりと大きく特徴が変わります。施工店としっかり相談をして、お住まいの気候に合った塗料を選びましょう。

DIYでの塗り替えは危険!

目立った破損がないからと言ってご自身で塗り替えを行うことはおすすめしません。洗浄も加減を間違えると下地部分を傷つけてしまうことがありますし、粉が落ちきっていなければ前述のように劣化しやすい外壁となってしまいます。

また、簡単なように見えるかもしれませんが外壁塗装をキレイに塗り終えるのは非常に難しいです。たとえ一度や二度上手く塗れたとしても、外壁塗装の基本は3回塗りとなります。広範囲を均一に塗り上げることは熟練の職人にしかできない至難の業と言っても良いでしょう。下手に手を加えると状態が悪化してしまうことも考えられるためお気を付けください。

劣化を見つけたら業者へ連絡!

劣化を見つけたら業者へ連絡!

塗り替えサインを見つけたらできるだけお早めに業者へ連絡しましょう。塗り替えは先延ばしにしても意味がありませんし、二次被害につながる前に対処することをおすすめします。

ただし、チョーキング現象のことを指摘して「このままでは危険だ!」「外壁が駄目になります!」と脅かしてくるような訪問販売にはお気を付けください。チョーキング現象は確かに塗り替えが必要な劣化ですが、よほど酷い状態でなければそこまで切迫することはありません。不安を煽る言葉を畳みかけて契約にこぎつけようとする業者は悪徳業者の可能性が高いです。

もしお家の塗り替えでお悩みでしたら屋根ットを頼ってください。当サイトにご連絡いただければ、信頼のできる優良業者をご紹介します。当社と提携している業者は15業種の建設業許可(※)を所有し、もちろんその中には塗装も含まれます。「塗り替えを検討しているけどどの業者に依頼するか迷っている…」という方は是非ご相談くださいませ。

※建設業許可…建築業を営む際に、500万円以上の大規模な工事をするときに必要になる資格。15業種以上取得しているのはなんと全国でも2%しか存在しません。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca5k2350
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付