深刻化する空き家問題 老朽前に対策を!

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca5k2601
お電話の際必要です

深刻化する空き家問題 老朽前に対策を!

カテゴリー:住宅コラム

昨今、日本でじわじわと表面化している社会問題の一つ空き家問題。ニュースなどで見かけたことは無いでしょうか?少子高齢化などを背景に、田舎だけではなく都心部にも空き家が増え続けているという現状があります。

空き家を放置していると老朽化が進み、所有者も近隣住民も何らかの被害を受ける可能性があります。すべての空き家が問題となっているわけではありませんが、扱い次第では事故の原因となってしまうためトラブルが起きる前に対策を取りましょう。

増加する空き家が問題視される理由

増加する空き家が問題視される理由

総務省のデータによると、2013年時点で日本全国の空き家数が820万戸、空き家率が13.5%に上ったとのことです。5年前の統計と比べると63万戸の増加となっており、今後も増え続けることが予想されています。

ただ空き家にしておくだけなら、一見誰にも迷惑をかけないように感じるかもしれません。しかし、空き家を放っておくと放火や空き巣のリスクが高まり防犯面に問題が生まれます。更に老朽化が進むと景観が悪くなるだけではなく倒壊の危険性も出てきます。これらのリスクを考慮すると、空き家があって良いことはありません。

場合によっては、トラブルが起きた際に空き家の所有者に賠償請求が行われる可能性があるのです。本来であれば火災による類焼は「失火責任法」という法律により、出火元に賠償請求がされることはありません。しかし、もし空き家の持ち主に重大な過失があるとみなされた場合は何らかの賠償責任が発生する可能性があるのです。

空き家の再利用がオススメ

空き家の再利用

トラブルを起こさないためにも、空き家の所有者は定期的に建物の点検を行い状態を維持する必要があります。手間やお金ばかりがかかり億劫に感じるかもしれませんが、空き家として持て余している建物もリフォームで状態を整えれば有効活用する余地が出てきます。

賃貸・売却

簡単なのは賃貸住宅として貸し出すか、売り払ってしまうことでしょう。一般の住宅としては勿論、宿泊施設や介護施設、保育施設などは常に需要があります。貸し出せば家賃収入を得ることもできますし、人が生活をすればある程度の環境は整うため、面倒な事故やトラブルが発生する危険性も低下します。

最近では「空き家バンク」と呼ばれる空き家を求めている人々とのマッチングサービスも存在しています。賃貸や売却などの活用をお考えであれば利用してみてはいかがでしょうか。

管理サービス

空き家を誰にも賃貸・売却したくないという方は、空き家管理サービスのご利用をおすすめします。これは所有者が不在の間、簡単な掃除や空気の入れ替え、家の点検チェックなどを行ってくれるサービスです。

費用はおよそ月5千円~1万円ほどかかりますが、将来的に事故につながるリスクを考えるとそこまで高額ではないように感じます。将来空き家を再利用したいとお考えの方は、維持費として検討することをおすすめします。

建物と向き合うことが大切

建物と向き合うことが大切

日本は欧米に比べると住宅のリフォームに消極的ですが、将来的な可能性を天秤にかけてどちらが良いのか考えてみましょう。老朽化を見過ごして大事故を起こすより、その場しのぎの応急処置で誤魔化すより、きちんとリフォームして有効活用することが所有者にとっても近隣住民にとっても得策だと思います。

木造住宅は寿命が短いと言われることもありますが、高度な技術で建設された日本の住宅はきちんとメンテナンスすれば十分な耐久性を誇ります。そのためにも定期的な点検・メンテナンスをしっかりと行い、安全な住宅造りを目指しましょう。

もちろん老朽化が進み、改修の手を加えることも難しいという建物もあるでしょう。その場合は行政から撤去・解体費用に関する補助金が支払われる場合もあります。危険な建物をそのままにしておくくらいなら、そういった支援を利用して解体を行うのも一つの手です。

リフォームなら屋根ットへ!

一番問題なのは建物を放置し続けることです。これは空き家だけではなく住居も同様ですので、家のメンテナンスも怠らないようにしましょう。建物の傷みは放っておくとどんどん悪化し、いつの間にか大規模修繕を避けられない状態になってしまうことも。総合的に考えると損害に気づいた時点で修繕する方が確実にお得です。

もし建物の改修工事やリフォームをお考えの方は屋根ットにご相談ください。屋根ットでは建設業許可(※)を15業種取得している建設のプロをご紹介いたします。関東密着型だから迅速で丁寧な対応でお客様のリフォームをお手伝いします。まずはお電話まはたメールフォームからお気軽にお問い合せください!

※建設業許可…建築業を営む際に、500万円以上の大規模な工事をするときに必要になる資格。15業種以上取得しているのはなんと全国でも2%しか存在しません。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca5k2601
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付