屋上・ベランダに必須!屋根防水の工法一覧

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca5k2746
お電話の際必要です

屋上・ベランダに必須!屋根防水の工法一覧

カテゴリー:住宅コラム

マンションやビルの屋上は屋根に傾きがないことから雨水を長時間溜め込んでしまう性質があります。そのため他の屋根に比べると防水層が傷みやすく、雨漏りなどの住宅トラブルに発展しやすいというデメリットを持っています。

雨漏りを防ぐためにも、屋根に傾きがないタイプの建物は防水対策に一層気を配る必要があります。今回は防水工法の一覧をお見せするので、メンテナンスをお考えの方はご参照ください。

どう違う?屋根防水の工法一覧

瓦などの屋根材を葺かない陸屋根(※)は防水層が雨漏りの防衛ラインです。現代では様々な工法を駆使して防水層の形成が行われていますが、それぞれの特徴をきちんと学んでから選択されることをおすすめします。

※陸屋根…傾斜の無い平面状の屋根のこと。

ウレタン防水

ウレタン防水

これはウレタン樹脂などの塗料を塗ることで防水層を形成するという工法です。施工が簡単であるため工事費用が安く、耐用年数も約10年前後と短くはないので最も主流となっています。

メリットとしては何度も重ね塗りが出来ること、既存の防水材の撤去費用がかからないことが挙げられます。また、塗料を用いるタイプの工法は細かいところまでしっかりと防水層を仕上げることが出来るのもメリットの一つです。

仕上げとして紫外線防止等の目的に応じてトップコート(保護塗料)を塗布すれば完了です。

シート防水

シート防水

シート防水工法は既存のシートを使用して接着剤で下地に張り付けていきます。用いるシートはゴムシート塩ビシートを使用することがほとんどです。

工法としてはこの二種類に大きな違いはありません。ゴムシートは伸縮性が高く耐候性に優れており、気候により著しく劣化することがないためどの地域でも使用できます。デメリットとしては、シート同士の継ぎ目の処理を接着剤と粘着テープに頼ることになるため、その部分の施工不良が目立つという点です。

塩ビシートは塩化ビニール樹脂で出来ています。ゴムシートと違うのは、シート同士の継ぎ目を熱風で溶かすことで一体化できるためそこからの劣化リスクが少ないということです。

共通して言えることは、シート防水は細かい部分の施工には不向きであるため、複雑な構造の屋根にはおすすめできないという点です。ただし工事費用が安価で工期も短いため、単純な構造の屋根でしたら検討されても良いでしょう。

FRP防水

FRP防水

FRP防水は少し特殊な工法で、強度が高く耐久性に優れたガラス繊維強化プラスチック(FRP)を組み込む形で防水層を形成します。FRPを含んだ防水層は耐水性や耐候性などあらゆる面にたいして強靭で、かつ軽量で劣化しにくいメリットを持ちます。

工法としては、プライマーの上からFRPを敷き、浸透させるように中塗り・上塗り・トップコートを重ねていきます。出来上がりは5層もの厚い防水層となり継ぎ目という弱点もないため非常に優秀です。

しかしプラスチックを利用したFRP防水は紫外線に弱いという弱点を持っています。伸縮性にも欠けるため、地震など大きな揺れがあった際はヒビ割れてしまう危険性もあります。また、防水層の塗り替えをする際はプラスチックの廃材が出ることも念頭に置いておかなければいけません。

アスファルト防水

アスファルト防水

アスファルトを含ませたシートを貼り重ねる工法をアスファルト防水と呼びます。シート防水と似ているように感じるでしょうが、こちらは熱でアスファルト溶かしながら接着していきます。

施工はトーチバーバーで炙って液状化させて貼り合わせていくものと、液状のアスファルト材を接着剤のように使用してシートを貼り合わせるものがあります。この工法は古くから使われているため施工にバラつきがなく、信頼性が高いという特長があります。耐用年数も高く、安心感のある工法と言えるでしょう。

トーチバーナーは熱を使用しているため継ぎ目の施工不良が少ないというメリットがあります。しかしバーナーを使用する際は臭いや煙が発生するのでご注意ください。液状アスファルトを使用した常温工法は臭いは発生しませんが、トーチバーナー工法に比べると技術力が必要になります。

防水施工はメンテナンスの最重要事項!

マンションやビルなど、屋上がある建物の雨漏りは高確率で防水層の劣化が見られます。防水層は重要な役割を持ちますが、その割にはメンテナンスを忘れられがちな部分ですので、耐用年数に関わらず5年に一度は点検・メンテナンスをするようにしましょう

また、屋上だけではなくベランダのことも忘れてはいけません。ベランダも雨漏りしやすい箇所五本指に入る箇所ですので、定期的に点検をするようにお気を付けください。

自然災害により建物が被害を受けた場合は火災保険等の損害保険が使用できますが、防水層の損害は自然な劣化として判断されることがほとんどであるため保険も使えません。適度なメンテなんンスで建物の状態を維持することが大切です。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca5k2746
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付