どこまで本当?遮熱塗料の効果

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca5k2816
お電話の際必要です

どこまで本当?遮熱塗料の効果

カテゴリー:住宅コラム

快適な住まいを維持するためには色々な工夫が出来ます。塗料選びもその内の一つで、屋根や外壁に遮熱塗料を使用すると夏場に室内温度が下がる効果があるといわれています。室内温度が下がれば快適な夏を過ごせますし、エアコン代などの光熱費削減にもつながります。

塗装の塗り替えをお考えの際に検討される方も多いでしょうが、同時に「本当に効果があるのか?」と不安に思うこともあるでしょう。日本国内でも年々夏場の気温上昇が増しており、厳しい暑さが続きます。今後に備えて今の内に遮熱塗料のことを学んでおきましょう!

遮熱塗料が持つ効果

遮熱塗料が持つ効果

「遮熱塗料を塗ればエアコンは要らないんでしょう?」と思っている方もいらっしゃいますが、それは間違いです。遮熱塗料は確かに外部からの熱をシャットダウンする効果がありますが、そこまで劇的な変化があると思っていれば期待外れとなってしまうでしょう。

しかし効果が全くないわけではありません。遮熱塗料を使用すると夏場の室内温度が2~4℃下がると言われています。数字で見るとあまり効果がないように感じるかもしれませんが、実際に38℃の室内が34~36℃に下がれはその差は体感で大きく感じられるかと思います。

光熱費が浮く

エアコンの光熱費は室内温度が1℃下がれば10%削減できるといわれています。光熱費を安くする方法は世間でも試行錯誤されていますが、遮熱塗料で室内温度を下げることは高確率で光熱費の削減に繋がるでしょう。

その効果や耐久性の高さから遮熱塗料は初期費用がやや割高になってしまいますが、総合的なコストパフォーマンスを見つめることが大切です。

環境にも優しい

ヒートアイランド現象」という言葉をご存知でしょうか?これはアスファルトやコンクリートの密集、自動車や建物から出される排熱などを原因として、都市部の気温が集中的に高くなる現象です。この現象が起きると真夏日や熱帯夜、集中豪雨などの増加が起き環境にもよくありません。

しかし遮熱塗料を利用すれば建物の表面温度が低下し、室内温度も下がるためエアコンの室外機から出される排熱も減少します。劇的な変化とは言い難いですが、こうして環境に貢献できることも遮熱塗料の魅力の一つです。

遮熱効果を最大に発揮する条件

遮熱効果を最大に発揮する条件

遮熱塗料は立地や環境条件によって効果に差が生まれます。しかし、施工時に工夫をすることで遮熱効果を高めることが可能です。

外壁より屋根を優先

屋根と外壁の両方に塗ることが最も効果的ですが、屋根塗装と外壁塗装の塗料を分けるケースは少なくありません。もしどちらに遮熱塗料を利用しようか悩まれた際は、屋根に塗ることをおすすめします。外壁と比べると屋根の方が日射を浴びるため、圧倒的に効果が生まれます。

遮熱塗料はコストがかかるため、あまりご予算に余裕がない場合は屋根のみ遮熱塗料を用いるといった選択も良いでしょう。

屋根の材質で効果が違う

屋根材には日本瓦、セメント瓦、スレート(コロニアル)、ガルバリウム鋼板、トタンなど様々な種類があります。中でも遮熱塗料が最も効果を発揮するのはガルバリウム鋼板、トタン、更にアルミなどの金属屋根に塗布したケースです。何故かと言うと、遮熱効果に大きく関与する熱伝導率が一番優れているのが金属屋根なのです。

金属屋根はこれまで断熱性に関する評価はいまひとつでしたが、遮熱塗料を利用した場合は全く逆の効果を発揮します。

色調でも差が出る!

黒い服は熱を吸収しやすく、白い服は熱を反射するというのは皆さまご存知かと思います。塗料も同様で、色が黒に近く暗ければ暗いほど熱を吸収してしまいます。そのため遮熱塗料の効果を発揮するためには明るい色の塗料が最適です。

しかし白い塗料は紫外線に弱く劣化が早まるというデメリットも持っています。どちらを取るかは悩ましいところですが、遮熱効果を優先すると明るい色を選択することが望ましいかと思われます。

遮熱塗料をお考えの方へ

遮熱塗料は一般的な塗料に比べるとやや割高ですが、その分耐用年数も長めです。遮熱塗料の持つ欠点として、遮熱効果を持続させるためには定期的な洗浄が必要になるという点がありますが、どちらにせよ屋根や外壁のメンテナンスは必須になるためやっておいて損はありません。建物の塗り替えをお悩みの方は検討されても良いのではないでしょうか?

今後も地球温暖化が続き、厳しい夏が日本を襲うことでしょう。遮熱塗料の正しい知識を覚えた上で、お住まいの環境と相談して決めましょう。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca5k2816
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付