賃貸退去時の現状回復とは?トラブル回避の豆知識

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca5k2869
お電話の際必要です

賃貸退去時の現状回復とは?トラブル回避の豆知識

カテゴリー:住宅コラム

春は出会いと別れ、そして新生活の季節。環境の変化に伴い、引っ越しをされる方も多いのではないでしょうか。新居で気持ちを切り替えて新年度を迎えたいところですが、賃貸住宅は退去時にトラブルが発生するケースが非常に多く、毎年沢山の方が頭を抱えています。そんなときに知っておくと助かる「原状回復の話」を今回は皆さまにお教えします。

現状回復費用って何?

原状回復費用って何?

賃貸住宅を引っ越す際によく言われるのが「部屋の原状回復費用として◎万円お支払いください」というセリフ。当然部屋を借りていた入居者の方も、目を丸くすることでしょう。原状回復というのは要するに「貸していた部屋の状態を元に戻してください」ということで、貸し出していた居室の修理費用として請求されているものです。

その居室をまた別の人に貸し出す大家さんからすれば当然支払ってほしい費用だとは思いますが、突然の出費に困る元借主とトラブルに発展することがほとんどです。

この原状回復費用は本当に支払わなければいけないものなのでしょうか?

敷金から差し引くことが基本

敷金から差し引くことが基本

賃貸住宅にお住まいの方は敷金を支払われているかと思います。敷金は諸費用の担保として大家さんに預けておくお金で、家賃の未払いや退去時の修繕費用に使用され、残りが借主に返金されます。このため、通常あれば原状回復費用は敷金から頻出されるのが一般的であり、退去時に追加で支払う必要はありません。

ですがあまりに損害が酷い場合は借主の負担が発生することも有り得ます。まずは貸主・借主がそれぞれ負担すべき損害を分けてみましょう。

貸主の負担となるべき損害

  • 日差しによる壁紙や畳・床の日焼け
  • 家具の設置による床の凹み
  • 電化製品を置いていた箇所の黒ずみ
  • 自然災害で破損した窓ガラス
  • ハウスクリーニング
  • 入居者確保のための設備の交換やリフォーム

基本的に年月の経過に伴う自然な劣化や貸主都合のリフォームは大家さんの負担になります。室内の日焼けや家具の重みによる自然な傷は、普通に暮らしていれば避けようのないことなので入居者側に責任はありません。更に自然災害による被害など避けようのない損害も貸主負担となります。

借主の負担となるべき損害

  • 掃除や引っ越しで家具を移動した際に傷つけた床や柱
  • 補修が必要な程深い釘穴やネジ穴(画鋲程度は含まれない)
  • 飲み物や水をこぼしたことによるカビ・シミ
  • 貸主に責任がある場合の鍵の交換
  • 飼育ペットによる傷
  • タバコの焦げ跡

借主の負担となるのは、故意や過失による損害が含まれます。また、飲み物をこぼしたり結露を放置したりなど、対処できたはずなのに放置してできた傷みも支払い対象となります。ハウスクリーニングは貸主の負担となりますが、貸主が掃除の一切を怠っておりあまりに酷い管理状態であった場合は借主の負担となるため覚えておきましょう。


借主と貸主の責任分担はこのように分けられます。もしかすると支払う必要のない費用を請求されていることも有り得るので気を付けましょう。これらの損害は敷金から差し引かれることで帳消しとなることが一般的です。では万が一、敷金でフォローしきれないほどの損害を出してしまった場合はどうなるのでしょうか?

居室で火災!一体誰が賠償する?

居室で火災!一体誰が賠償する?

上記の例でタバコの焦げ跡というものがありましたが、万が一居室で火災が発生すれば、その費用は誰が支払うことになると思いますか?実は日本では「失火責任法」という法律により、重大な過失がない限り出火元に賠償責任が発生しないことが定められています。これは木造住宅の多い日本ならではの法律で、自宅の復旧だけでも精一杯の出火元を守ることが目的とされています。

しかし賃貸住宅の場合、借主と貸主の間には借りたものを元の状態に返して返すという契約があります。このため、賃貸住宅で火災事故が起きた場合は住人に賠償義務が発生するのです。そんなとき頼りになるのが火災保険ですが、実は賃貸住宅でかつ自分が出火元である場合は「借家人賠償責任補償」という保険に加入しておく必要があります。

借家人賠償責任保険とは?

基本的に賃貸住宅では大家さんが自分の所有物である建物に、入居者は家財に火災保険をかけます。その際に一緒に加入を勧められる保険として「借家人賠償責任補償」と「個人賠償責任補償」がありますが、この二種類は賃貸住宅の入居条件に含まれていることもあるくらい重要です。

借家人賠償責任補償を簡単に説明すると、大家さんに対して発生した賠償責任を果たすための補償です。ですので前述のような火災事故が発生した場合、この保険を使用して賠償金が支払われます。その他、水濡れ事故などにも適用されます。

更に個人賠償責任補償、こちらは大家さんというくくりがなく他人に対して発生した賠償金が支払われます。幅広く使用できる便利な保険ですが、借りたものに対しては適用されないという決まりがあるため賃貸住宅では借家人賠償責任補償が必須となるのです。

借りた部屋はキレイに使おう

これまでの内容をまとめると、退去時の原状回復は部屋をキレイに気遣って使用していれば避けられる出費です。住んでいるとは言え賃貸住宅の居室は借り物。いつか返さなければいけないということをしっかりと認識して生活しましょう。

そして万が一事故やトラブルを起こしてしまった際は、そのときに自分が出来ることを判断して早急に取り組みましょう。例えば小火騒ぎを起こしたとしても、借家人賠償責任補償を使用すれば補償を受けとり部屋の修繕をすることが可能です。水濡れ等の被害も同様になります。

しかし、損害は放置すれば放置するほど広がってしまい、更に時間が経ってしまえば保険の対象外として見なされることがあります。部屋の問題は後回しにせず、適宜対処しておきましょう。そうすれば退去時に揉めることなく新生活を送ることが出来ます。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca5k2869
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付