マンション構造のRC造とSRC造の違いとは?

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca5k2977
お電話の際必要です

マンション構造のRC造とSRC造の違いとは?

カテゴリー:住宅コラム

徹底比較!木造住宅とRC住宅(コンクリート住宅)の違い」で木造住宅とRC住宅(コンクリート住宅)の違いについて説明しましたが、コンクリート住宅には更にSRC住宅というものがあります。賃貸マンションを探していると物件に対して「RC」または「SRC」と記述されていることがありますが、RCは鉄筋コンクリート造、SRCは鉄筋鉄骨コンクリート造のことを指します。では具体的にはどういった違いがあるのでしょうか?

RC造とSRC造はどう違う?

RC住宅とSRC住宅はどう違う?

どちらもコンクリート住宅という括りになりますが、その性質は異なります。お部屋探しをしている人はチェックしておきましょう。

RC(鉄筋コンクリート造)

RC造は、鉄筋コンクリート造(Reinforced Concrete Construction)の頭文字をとった略称です。文字通り鉄筋とコンクリートによって構成されている建物をこう呼びます。

鉄筋は引張力(ひっぱりりょく)に優れていますが、鉄製であるため錆びやすく耐火性には欠けるという弱点を持っています。一方コンクリートは圧縮力に強い反面、引張力が今ひとつという弱点があり、この二種を併用することでお互いの弱点をカバーし高い耐久性を持つ建物を作り上げることが出来ているのです。

これまでは10階建てまでのマンションを建てる際に採用されることが多かったのですが、近年ではより強度を持ったコンクリートが開発されたため高層マンションにも用いられています。

SRC(鉄筋鉄骨コンクリート造)

SRC造は、鉄筋鉄骨コンクリート造(Steel framed (encased) Reinforced Concrete)の略称で、RC造に鉄骨が含まれていることが特徴です。柱や梁などの中心部分に鉄骨を組み込むことで耐震性・耐火性が強化されており、RCより耐久性に優れているとされています。

そのため高層マンションや空間を大きくとった構造の建物に用いられることが多いです。しかし建設コストが高くなるというデメリットも持っています。

どちらがオススメ?

両者を比較するとSRC構造の方が優れており、RC構造の方が劣っている印象を受けるかと思います。

ご説明した通り、鉄骨を組み込んでいるSRC造の方が確かに理論的には耐久性に優れていると言えます。しかし近年の建物は技術的な進歩により、RC造だからといって圧倒的に耐震性が欠けているということは無くなりました

その他の違いとしては、RC造は建物の重量が重くなるため一定の基準を満たした地盤でないと適応しないこと。そしてSRC構造は建設コストが高いため賃貸料金が高くなるなどの差があります。

気になる防音性能は?

気になる防音性能は?

コンクリート造の建物は木造に比べて防音性に優れている傾向にあります。防音性能を求めてRC造とSRC造の住宅を探している人もいるほどですが、その二つに違いはあるのでしょうか?

実はRC造とSRC造の間には防音性能の差はほとんどありません。どちらも木造住宅や軽量鉄骨住宅に比べると比較的高い防音性能を誇っているため心配する必要は無いでしょう。

性能は施工とメンテナンス次第

日本には幅広く歴史ある建設技術が揃っています。その内容は自然環境や時代に合わせた素晴らしいものばかりですが、最終的には施工する職人の腕にかかっているといっても過言ではありません。

それは建てられた後も同じであり、どれだけ的確なメンテナンスが行われているかというのが建物の耐久性を左右します。高性能な工法で建てられた建物もメンテナンスを怠れば耐久性は著しく低下しますし、反対に言えば正しい補修を繰り返すことで長期間高い耐久性を誇ります。

このことはマイホームをお持ちの方、マンションオーナーの方、そして入居者の方などすべての人に知って頂きたい事実です。建物の状態に日頃から気を遣い、必要時にはきちんと手入れをする必要があることを覚えておいてください。

もしも建物の状態に不安を覚えたか方は屋根ットにご相談ください。確かな資格を持ったプロの目で建物全体をチェックし、的確なメンテナンスプランをご提案させて頂きます。大切な家に長く安全に住むためにも家のメンテナンスは忘れないようにしましょう!

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca5k2977
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付