雨漏りを確実に止める方法とは?梅雨前に原因を調査しよう

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca5k4308
お電話の際必要です

雨漏りを確実に止める方法とは?梅雨前に原因を調査しよう

カテゴリー:住宅コラム

6月と言えば梅雨の季節、そしてそのまま10月にかけて台風シーズンに突入します。常日頃から雨の多い日本もこの時期は一際強い暴風雨に見舞われ、沢山の住宅で雨漏りが発生します。雨漏りと言えば家を腐らせて耐久性を著しく低下させる忌まわしい住宅トラブルです。

しかし、多くの方が頭を悩ませている雨漏りも、止める方法を知っていれば問題ありません。

雨漏りの原因究明は難しい

雨漏りの原因究明は難しい

雨漏りの最も厄介なところは原因となっている個所の特定が非常に難しいことです。雨水は一度家に侵入すれば様々な通り道を作り浸透していきます。そのため「どこを直せば雨漏りが止まる」という断定が難しく、見当をつけた箇所を修理しては止まらない、また別の箇所を修理しても止まらない、ということを繰り返す羽目になってしまうのです。

そうすると修理費用ばかりがかかってしまい、金銭的な負担がかさんでいきます。大幅な出費を抑えるためには、的確な雨漏り調査が非常に重要になってくるのです。

雨漏り調査の方法

雨漏り調査の方法

雨漏りの調査方法はいくつかあります。業者によってどの方法で調査を行うかは異なりますので、それぞれの特徴を知っておきましょう。

目視調査

目視調査は最もシンプルで一般的な方法です。専門的な知識を持った調査員がその目で見て雨漏りの原因を調査します。特別な道具や機材を使った調査に比べると確実性は低いですが、確かな知識と経験さえ持っていれば余程複雑な雨漏りでない限り通用します。例えば屋根瓦が破損していてそこから雨が漏れている場合など、比較的わかりやすいケースだと目視調査で十分事足りるでしょう。

散水調査

雨水の侵入経路を調べるには同じ状況を作ることが最も分かりやすい、そう考えて行われる方法がこの散水調査です。具体的にはホースを使って雨水の入り口である可能性の高い箇所に散水し、通り道を探すというやり方になります。

確実に雨漏りを見つけたいという方に人気の方法ですが、建物がびしょ濡れになってしまうことや水道代がかかるなどのデメリットも持っています。調査費用の相場は3~20万円程度とピンキリです。

赤外線調査

最近では赤外線を利用した雨漏り調査も注目されはじめています。これはサーモグラフィーを利用する方法で、特殊な赤外線カメラを用いて行われます。確実性が高いことで評判ですが、調査費用が高額であるという欠点も持ち合わせています。業界でも未だ浸透しておらず、相場も定まっていない状態ですがおよそ10~30万円程度と見て良いでしょう。

どの方法がおすすめ?

どの方法がおすすめ?

近年で主流なのは目視調査と散水調査の二つです。それは価格の安さもありますが、赤外線調査はまだ馴染みがないことや実施できる業者が少ないことが関係しています。前述のように、確かに目視でも原因がはっきりしていれば問題ありませんし、散水調査を行うことで原因の目星はつけやすくなります。しかし、侵入経路が無数に考えられるマンションや築年数の長い住宅など、複雑な雨漏りを完全に止めることは難しいでしょう。

雨漏りは原因を突き止めなければいつまで経っても止めることができません。見当違いな箇所を工事している間に更に雨漏りが進行してしまうことだって考えられます。原因究明が困難な雨漏りは赤外線調査を行い、的確に侵入経路をつきとめて修繕することをおすすめします

屋根ットでは安価で赤外線調査ができる!

屋根ットでは安価で赤外線調査ができる!

しかし先ほどご紹介したように赤外線調査の相場はおよそ10~30万円と高額です。雨漏りが家に与え続ける損害を考えると比べられませんが、それでも簡単に決断できる出費ではないでしょう。しかし、屋根ットにお任せ頂ければ大丈夫です。

屋根ットではドローンを利用した赤外線調査を実施しています!国土交通省が推奨する赤外線診断で、雨漏りの侵入経路から屋根の破損まで厳密に調べ上げることが可能です。費用は約3万円程度と相場に比べると非常に安価です。止まらない雨漏りにお悩みの方、最新技術を利用して家を直しませんか?

これから梅雨に入りそのまま天候の乱れる台風の季節が始まります。現在雨漏りに頭を悩ませているという方は、台風シーズンに入る前に工事をしておきましょう。ご相談ももちろん無料ですので、まずはお気軽にお問い合せくださいませ!

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca5k4308
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付