雨仕舞と防水の違いは?雨漏り防止の重要ポイント!

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca5k5260
お電話の際必要です

雨仕舞と防水の違いは?雨漏り防止の重要ポイント!

カテゴリー:住宅コラム

雨仕舞(あまじまい)という言葉を聞いたことはありますか?雨仕舞は建築用語の一つで、建物に雨水が侵入することを防ぐ施工を指します。こう説明すると、「防水とどう違うの?」という疑問を抱かれる方も多くいらっしゃいます。”雨仕舞”と”防水”はどちらも家にとっては大切な施工ですが、実は意味合いが異なるのです。

雨が多くなる梅雨から秋にかけては雨漏りが気になる季節です。この機会に漏水を防ぐために活躍する雨仕舞のことを知っておきましょう。

雨仕舞と防水の持つ役割

雨仕舞と防水の持つ役割

防水は「雨水を防ぎ建物に浸透させないこと」を目的として行われる施工ですが、雨仕舞は「雨水を受け流し外へ片付けること」を目的としています。似ているようで「防ぐこと」と「受け流すこと」はまったく違います。

屋上の雨仕舞と防水

雨仕舞は主に建材の取り合いや立ち上がり(※)を重点的に施工されています。例えば屋上(陸屋根)ですと、画像のように雨をダイレクトに受ける平らな面に防水、そして外壁の立ち上がり部分に雨仕舞を施して滞りなく雨水を排水できるようにしているのです。

※取り合い…二つ以上の建材が接合する部分のこと。「納まり」とも言う。
※立ち上がり…水平面から垂直方向に立ち上がった部材のこと。

建物に降り注ぐ雨水を完全に防ごうと思っても無理な話です。ですから雨漏りを防ぐためには防水だけではなく、雨水の流れを制する雨仕舞が必要と言えます。

雨漏りを回避する雨仕舞

本来、建物の取り合いや立ち上がり部分は雨水の負担を受けて雨漏りしやすい箇所とも言えます。そのため雨仕舞の施工は非常に重要で、これが適切でなければ雨に弱い住宅となってしまうのです。

雨仕舞の施工が大切な箇所としては以下のような例が挙げられます。

雨仕舞の例
  • 屋根の棟板金
  • 屋根の谷樋
  • 庇の取り合い
  • バルコニーやベランダの笠木
  • 窓枠の周り、サッシ部分
  • トップライト(天窓)の取り合い
  • 換気口周り

もし定期的に建物の点検をされていないようであれば、雨仕舞の施工が適切かどうか一度業者に調べてもらうことをおすすめします。雨水を受け流す雨仕舞はその分ダメージも蓄積されてしまい、破損もしやすい部位なのです。雨仕舞が機能していなければ雨漏りのリスクが格段に上がってしまうため、防水と一緒に定期的に見直すようにしましょう。

雨漏りは始まる前に食い止めるのが基本

雨漏りの進行は建物内部で行われるので、気づいたときには既に木材が傷んでいたり腐食が進んだりしているケースが多いです。そうなると修繕工事も大掛かりなものになり、工事費用も高額になってしまいます。

また、雨漏りの原因が自然災害であれば火災保険を使って修理することができますが、漏れた雨水によって腐食した木材までは補償の対象とならないことがほとんどです。その結果、保険金だけでは完全に修理することができず結局工事費用を負担しなければいけなくなります。

雨漏りの対抗策は始まる前に食い止めるというのが基本です。定期的な住宅点検や災害後の損害チェックを怠らないようにし、雨漏りをしない住宅造りをする必要があることを覚えておきましょう。

関連:火災保険を使って自己負担0円で工事!

定期的な点検・メンテナンスで家を守ろう!

毎年大雨に悩まされる日本に住む以上、雨漏りの防止は切り離せない課題です。雨漏りを放っておくと建物の腐食が進むだけでなく、シロアリの発生やシックハウス症候群など厄介な二次被害に繋がるおそれがあります。

雨漏りから家を守るために雨仕舞は必須です。しかし近年はいい加減な職人も増えてきて、雨仕舞の知識など持たずに施工をされていることもあるそうです。あなたの大切なお住まいは大丈夫でしょうか?建物の点検・メンテナンスは10年に一度が推奨されていることですし、頃合いを見て調べてみることおすすめします。

屋根ットがご紹介する優良業者は雨漏り工事も承っております。専門家の目による目視調査はもちろんのこと、ドローンでの精密な調査も導入しているため、見つけにくい雨漏りを逃さず探し出すことが可能です!雨漏りにお困りの方、建物のメンテナンスをご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

関連:雨漏り二次被害の脅威!家がダメになる危険性

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca5k5260
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付