梅雨に急増する謎の火災!トラッキング火災の防止策

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca5k5462
お電話の際必要です

梅雨に急増する謎の火災!トラッキング火災の防止策

カテゴリー:住宅コラム

水と炎は相反するイメージを持っていますが、実は梅雨時期に増える謎の火災が存在します。それはトラッキング火災といい、コンセントプラグに溜まった埃と湿気が原因で出火に至ります。高湿度な季節に差し掛かり、トラッキング火災のリスクも高まってくることでしょう。今回はトラッキング火災の仕組みと対策をお伝えしますので、万が一に備えるためにもどうかご一読ください。

トラッキング火災が起こる仕組み

トラッキング火災が起こる仕組み

コンセントプラグは指しっぱなしで放置されていることが多く、年月が経てばプラグ部分に埃が溜まります。その状態で湿気が高まるとプラグの刃の間に電流が流れ、微量ながらも放電を続けることでほこりに引火し、火災事故となってしまいます

このような性質から、トラッキング火災は普段あまり気にかけないような長期間放置されている箇所で発生しがちです。そのため思わぬところから出火することが多く、発見が遅れて被害が拡大するおそれがあります。特に日常的に使用していてプラグを抜く機会のない家電製品や、家具の裏に隠れているコンセントは要注意です。

エアコン・扇風機からの出火にも要注意!

夏場になると多いのがエアコンや扇風機を原因とした火災で、その中にはトラッキング火災も含まれます。特定の時期にしか使われないこれらの冷房器具はコンセント部分にも埃が溜まっている可能性高いので使用前にきちんと状態をお確かめください。

トラッキング現象の他に、使用劣化による漏電やショートも火災を引き起こします。古い冷房器具から異常を感じた場合は無理に使用を続けずに、一度電気屋で使用に問題がないか調べてもらうようにしましょう。

関連:エアコン・扇風機から発火!?暮らしに潜む危険性

すぐ出来るトラッキング火災の防止対策

すぐ出来るトラッキング火災の防止対策

そもそもコンセント部分を気にかけたり、念入りに掃除をする習慣のある人は少ないかと思います。しかしトラッキング火災を防ぐためにはプラグの状態に気を付けてあげることが第一です。以下は特に気を付けておきたいコンセントの箇所です。

  • 冷蔵庫やテレビ、電子レンジなど家電製品のコンセント
  • 洗面所や湿度の高い水回りのコンセント
  • 湿気の溜まりやすそうなベランダや窓の近くに位置するコンセント
  • 寝具や棚などの家具の裏側に潜んでいるコンセント

まずは埃を溜めないことが重要です。冷蔵庫など長時間差しておく必要のあるコンセントは年に1~2回ほど点検を行いましょう。その際に埃が溜まっていれば乾いた布や雑巾でそっと拭ってください。ずっと差しておく必要のないコンセントは使用時以外は抜いておくことを習慣づけると良いでしょう。そうすれば落雷時の通電による破損リスクも軽減できて一石二鳥です。

中には長年同じ家に住み続けた結果、コンセントの配線が把握できなくなったという方も多くいらっしゃいます。電化製品の多いお宅ではありがちですが、一度家中のコンセントを整理してリストを作ることをおすすめします。そうすればチェックも簡単ですし、引っ越しやリフォーム、模様替えの際もスムーズに進めることができるかと思います。

トラッキング火災は少しの対策で予防できる

この火災の恐ろしいところは、ほぼ自然発火に近いため室内に誰もいない時や外出時に突如発生する危険があることです。知らない内に火災が始まれば逃げ遅れる危険性が高まりますし、家人が全員外出している場合は隣家や近隣住民に被害を及ぼすことも考えられます。

トラッキング現象による火災は毎年起きており、過去に犠牲者も出ています。少しの気づかいで防止することができる火災事故ですので、掃除や点検を怠らないようにしましょう。

近年ではトラッキング現象を防止する絶縁キャップやカバーなどの防災グッズも販売されています。こまめな掃除が一番の予防ですが、不安な方や忙しくて掃除ができない方は購入を検討してみても良いでしょう。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca5k5462
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付