賃貸住宅の雨漏りトラブル 修理費用や補償はどうなる?

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca5k5944
お電話の際必要です

賃貸住宅の雨漏りトラブル 修理費用や補償はどうなる?

カテゴリー:住宅コラム
賃貸住宅の雨漏りトラブル 修理費用や補償はどうなる?

賃貸住宅の雨漏りトラブルは「貸している人」と「借りている人」がいるため持ち家よりも問題が複雑になります。誰が修繕費用を払うのか、濡れた家財はどうするのか、などの金銭トラブルに発展すると双方に大きな負担がかかるのは避けられません。

そこで今回は賃貸住宅における雨漏りについて、貸している人(以下:貸主)と借りている人(以下:借主)それぞれの立場がどのようなものになるのか、またどういった処置をとることが出来るのかご説明いたします。

室内がびしょ濡れに!借主の立場は?

室内がびしょ濡れに!借主の立場は?

借りている部屋で突然雨漏りが始まれば、当然借主は「早く修理してくれ!」となりますよね。そこで貸主である大家さんがすぐに雨漏り工事を実施してくれれば良いのですが、頑なに拒否したり何かと先延ばしにする人が多いのも事実です。

借主に過失がない雨漏りの場合、貸主には部屋の修繕義務があります。というのも、きちんと家賃が支払われている以上、貸主には借主に対して家賃に値する部屋の状態を維持する義務があり雨漏りしている状態は債務不履行責任とされるためです。

ですので貸主に雨漏りの修繕工事を要求することは当然の権利と言えます。ではここで更に皆さんが気になっているであろういくつかのポイントを説明しましょう。

濡れた家財の補償はどうなる?

雨漏りが始まれば家財が濡れてしまうことも有り得ます。クロスの染み程度ならまだしも、電化製品が濡れると被害総額は跳ね上がってしまうでしょう。

この場合は貸主に対して賠償請求をすることが可能です。絶対に支払われるとは限りませんが、雨漏りとの因果関係が証明されれば可能性は高いでしょう。しかし支払われるのは新価(新品同様の価格)ではなく時価(使用消耗分を差し引いた価格)になると思われます。

更に雨漏りの報告が遅れたなど貸主側に何らかの過失がある場合は賠償額が減額される可能性もあります。被害拡大を防ぐためにも、雨漏りは早めに報告するようにしましょう。

家賃の減額交渉は出来る?

雨漏りがしていれば普段通りの生活を送るのは難しいでしょう。そこで雨漏りによって受けている障害の分だけ、家賃の減額交渉をすることが可能です。金額は雨漏りの状況や雨漏りによってどの程度の損害を受けているかということを基準に決められます。

しかし減額交渉に貸主が応じなかった場合、勝手に減額された金額で支払い続けると未払い分は滞納と見なされて契約違反になります。減額交渉はあくまで双方が納得した上で成立するものなのでご注意ください。

自然災害の場合は補償を受けられない!

自然災害は誰にも過失がないため賠償責任は課せられません。このことから、雨漏りの原因が自然災害によるものだった場合に貸主の義務が免責されて補償を受けられないことも有り得ます。そんな事態を避けるためにも、自然災害から家財を守る火災保険に加入しておきましょう。

風災(台風・突風・強風など)や水災(土砂災害・洪水)、雪災(積雪・落雪)などは火災保険によって補償を受けることが可能です。賃貸住宅の場合は貸主が「建物」の火災保険、借主が「家財」の火災保険に加入することになります。自分の家財を守るためにはご自身で家財保険に入っておくことが必要です。

雨漏りの修理費用どうする!?貸主の立場

雨漏りの修理費用どうする!?貸主の立場

借主の項目でご説明しように、貸主は雨漏りを修繕する義務が課せられています。家賃を受け取っている以上、経年劣化(自然な時間経過による消耗)が原因の雨漏りでしたらしっかり補償するしかありません。ではそれ以外の可能性はどうでしょうか?

築10年以内であればメーカー保証が使える!

まだ建物が新しいのに雨漏りが始まった場合、それは施工不良の可能性があります。もし該当するのであれば、施工業者やメーカーに責任があるためすぐに問い合わせてみましょう。

通常、建築基準法では新築から10年以内であれば建物を建てた業者の瑕疵(かし)責任としています。当然、修繕工事は無料で行ってもらえます。

自然災害の場合は建物の火災保険!

先ほど述べた通り、貸主である大家さんは自分の所有物である建物に火災保険をかけているかと思います。もし雨漏りが自然災害による破損が原因であれば火災保険で修繕費用をまかなうことが出来るので調べてみましょう。

火災保険が適用されるケースとしては以下のような場合が考えられます。

  • 台風の飛来物で外壁が破損し、そこから雨水が漏れている。
  • 積雪で雨樋が破損したことにより雨水が溢れている。
  • 落雷で外壁に穴が開き、雨水が入り込んでいる。
  • 突風でベランダの笠木がひび割れて雨水が浸み込んでいる。

地震により外壁にひび割れ(クラック)被害を受けたお宅も多いかと思いますが、それらは火災保険ではなく地震保険で補償を受けることになります。入居者とのトラブルを避けるためにも保険にはきちんと加入しておきましょう。

早めの対応がトラブルを避ける最善の手

早めの対応がトラブルを避ける最善の手

雨漏りは長引けば長引くほど被害が拡大し、修繕費用も高額になってしまいます。更にトラブルが長引けば悪化するのは貸主と借主の関係も同様です。入居者が減ってしまっては大家さんも元も子もありませんよね。雨漏りが発生したときに各々がどういう立ち位置にあるのか、何が出来るのかということを知っていれば最小限の損失で事態を処理することが出来るでしょう。

そして何より、建物は大家さんの大切な持ち物です。修繕費用は安くありませんが、雨漏りを放置して資産価値を低下させないためにも早めの対応を心がけましょう。

もし雨漏りのトラブルでお困りでしたら当サイトにご相談ください。屋根ットは関東を中心に活躍する優良な工事業者を無料でご紹介するサービスを提供しています。紹介する業者はドローンでの赤外線調査や火災保険の調査申請も行っており、お客様の雨漏り修理を全力でサポートいたします!

お問い合わせは無料なのでお電話またはメールフォームからお気軽にご相談ください。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca5k5944
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付