台風後の点検は欠かさずに!家屋のチェックポイント

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca5k7188
お電話の際必要です

台風後の点検は欠かさずに!家屋のチェックポイント

カテゴリー:住宅コラム
台風後の点検は欠かさずに!家屋のチェックポイント

台風が通った後、暴風雨にさらされた家はダメージを受けています。破損した個所をそのままにすると急速な劣化のきっかけとなったり次の災害に耐えられなかったりと様々な弊害が出てしまいます。

被害を最小限に食い止めるには早めの点検が重要です。このページでは台風が通り過ぎた後にチェックしたいポイントをまとめているので点検をする際に参考にしてください!

屋根のチェックポイント

屋根のチェックポイント
  • □屋根瓦がズレている。
  • □瓦、スレートに割れがある。
  • □漆喰(しっくい)が崩れている。
  • □寄棟が崩れている。
  • □板金が飛ばされている、または固定している釘が浮いている。
  • □飛来物がぶつかった痕跡がある。
  • □軒に剥がれなどが見られる。
  • □陸屋根の排水口にゴミや葉が詰まっている。

屋根は最も風災害で被害を受けやすい場所です。そして同時に建物において非常に重要な場所でもあるので被災後のチェックは念入りに行う必要があります。特に台風シーズンは立て続けに豪雨に見舞われる傾向があるため迅速な処置が肝心です。

陸屋根(りくやね/ろくやね)といって、屋根が屋上のように平らになっている建物はゴミが溜まっていないか確認しましょう。排水溝が詰まると雨水の排水が滞り、防水シートが傷んでしまいます。

※漆喰について詳しく知りたい方は「屋根漆喰の補修方法 放置は雨漏りの元!」をご覧ください。

外壁のチェックポイント

外壁のチェックポイント
  • □塗装があからさまに剥がれてしまっている。
  • □外壁ボードが浮く、ひび割れるなどしている。
  • □塗り壁にクラック(ひび割れ/亀裂)が入っている。
  • □庇(ひさし)の取り合い部がに傷みが見られる。
  • □シーリング(コーキング)部分に割れや亀裂が入っている。
  • □窓枠サッシが損傷している。

強風や風に飛ばされた飛来物などで外壁も被害を受けることがります。傷みや破損個所がないかしっかり確認しましょう。表面のクラック点検も大事ですが、窓枠サッシや庇などの取り合い部も要チェックポイントです。また、外壁材の目地に施工されているシーリングも傷みやすいため、合わせて状態を確認しておくと良いでしょう。

※取り合い部…建材と建材の接合部のこと。

※シーリングについて詳しく知りたい方は「シーリングが持つ役割 劣化すると危険!」をご覧ください。

雨樋(雨どい)のチェックポイント

雨樋(雨どい)のチェックポイント
  • □雨どいにゴミや葉が溜まっている。
  • □雨どいに割れや歪み、傾きが見られる。
  • □樋(とい)部分が支持金具から外れている。
  • □雨のときに雨どいから雨水が溢れている。

台風の後は雨樋にゴミや葉が溜まります。そのまま放っておくと雨樋が詰まって水が流れなくなってしまうため、定期的に清掃をしましょう。雨水が適切に排水されなければ行き場のない水が建物内部に染み込んで雨漏りを引き起こす可能性も。

また、雨どい自体が割れたり歪んだりの被害を受けていることも有り得ます。わずかな勾配不良でも排水に影響を及ぼしかねませんのできちんと点検する必要があります。

※勾配…雨樋や屋根の傾きの角度のこと

※雨どいのメンテナンスについて詳しく知りたい方は「知っておきたい雨樋のメンテナンス方法」をご覧ください。

その他のチェックポイント

  • □柵が折れる・倒れるなどの損傷を受けている。
  • □ベランダの排水口にゴミや葉が溜まっている。
  • □ベランダの笠木部分が置く、防水シートが破損するなどの破損が見られる。
  • □カーポートが破損している。
  • □室内で雨漏りが発生している。

張り出ているベランダや外に設置されているカーポート・柵も台風の被害に遭うことがあります。建物だけでなくそれらの設備にも損傷がないかどうかは確認しておきましょう。

特にベランダは雨漏りが始まりやすい箇所として挙げられます。笠木が浮いたり排水口にゴミが詰まっていたりと荒れることがありますので、清掃をしてから問題がないか点検することをおすすめします。

※ベランダからの雨漏りリスクについては「ベランダ・バルコニーからの雨漏り 考えられる原因は?」をご覧ください。

高所の点検は専門業者に依頼しよう!

高所の点検は専門業者に依頼しよう!

これまで台風後に必要なチェックポイントを挙げていきましたが、素人が高所を点検するのは危険です。特に屋根の上は足場も悪く、落下すれば怪我だけでは済まないことも有り得ます。屋根に上るのは慣れている人でも多少は怖いと思うものです。点検の際には専門業者に依頼しましょう

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca5k7188
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付