日本の住宅寿命は20~30年!?家を長く保つ方法

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca5k786
お電話の際必要です

日本の住宅寿命は20~30年!?家を長く保つ方法

カテゴリー:住宅コラム

日本の住宅は世界的に見ると寿命が短いと評価されています。それには様々な理由がありますが、大切なのはマイホームは購入して終わりではなく家を長期的に保つために数々の努力をしなければいけないということです。

費用が高額だからと言って、メンテナンスを怠ってはいませんか?今回は家を長持ちさせるために大事なことを説明します。

日本の住宅は寿命が短い

住宅ストック更新周期の国際比較(内閣府参考)

少し古い内容ですが、内閣府に「住宅ストック更新周期の国際比較」というデータが公開されています。これは住宅を建ててから解体されるまでの平均年数を割り出したものですが、イギリス・アメリカ・フランス・ドイツなどの諸外国が約80~140年となっているにも関わらず、日本はなんと30年と記されています。

更に最近はドイツ人が日本の住宅寿命の異常性を主張した「なぜ日本人は住宅ローンに大金を払う?」という記事が注目を集めており、国際的に見ても日本の住宅の寿命の短さは特異であるということが伺えます。

では何故そこまで諸外国と差がついてしまうのか。それには様々な要因が関わってきます。

特殊な気候・風土が原因

特殊気候・風土が原因

この傾向に対し、「日本人は新しいものが好きだから」という意見もあります。確かにそういう人も多いのかもしれませんが、原因はそれだけではありません。

まず日本と諸外国の最大の違いは自然災害…特に地震の多さにあります。海外にはレンガや石造りの住宅が多いですが、日本で同じことをすれば災害時に被害が拡大するおそれがあります。故に日本では木造建築が長く重宝され、今でも多く存在するのです。

そして同時に日本は雨が多く湿度が高いという特徴的な気候も持っています。四方を海に囲まれた島国で豪雨や豪雪が多く、毎年台風や地震に襲われる世界有数の自然災害大国である日本。当然家屋の損傷も激しく、家が傷むスピードが早いことは当然と言えます。

だからと言って日本の住宅の耐久性そのものが異常に低いわけではありません。定期的なメンテナンスを根気よく続ければ家を長く安全に保つことができます。

住宅のメンテナンスは最低でも10年に一度!

住宅のメンテナンスは最低でも10年に一度!

住宅の中でも、外部からの影響を最も受ける屋根や外壁は特別傷みやすいと言われており、10年に一度のメンテナンスが必要です。築年数がかさめば劣化も早まるため頻度は上がるでしょうか、しっかりとしたメンテナンスは数年に一度で問題ないでしょう。

屋根工事や外壁修理はどうしても高額になってしまい、大規模なものだと100万円単位になるため安い買い物とは言えません。ところが家を守る屋根や外壁の損害を放置していれば、傷みは建物内部や基礎の部分まで発展してしまいます。リフォームや修繕工事を先延ばしにしている内に住宅の状態はどんどん悪化してしまうのです。

そうして家がボロボロになってしまったところで「建て直した方が安全か?」「引っ越した方が良いのでは?」と思ってしまうことが日本の住宅寿命が短い真相なのではないかと思います。しかしよく考えてもみてください。家を建て直すこととと、10年に一度のメンテナンスを続けて家の状態を保つことのどちらの方がお得でしょうか?ほとんどの人が後者であると答えるでしょう。

大切な財産である家を守るために

大切な財産である家を守るために

住宅は使い捨て用品ではなく大切な財産です。長年に渡る住宅ローンを支払い終わった途端に家がダメになってしまっては、家人も住宅も浮かばれません。せっかくのマイホームですからきちんとメンテナンスを施して、できるだけ長い間住めるように試みましょう。

リフォームや修繕工事には火災保険を使える可能性もあります。損害の原因が火災保険の補償対象である自然災害であった場合は保険金を受け取ることができますし、車両保険とちがってペナルティとして保険料が値上がりする心配もありません。思い切って申請することをおすすめします

屋根ットにご依頼された方は、工事だけではなく住宅に火災保険が適用されるかどうかの調査、そして保険申請までを無料でサポートさせていただきます。リフォーム・修繕工事をお考えの皆さまは是非お気軽にご相談ください。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca5k786
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付