住宅DIYの危険性!失敗や怪我のリスク高

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca5k836
お電話の際必要です

住宅DIYの危険性!失敗や怪我のリスク高

カテゴリー:住宅コラム

DIYとは「Do It Yourself(自分でやろう)」の略称で、専門業者に頼らず自身で何かを作ったり修理したりすることを指します。いわゆる日曜大工と似た意味を持ちますが、近年メディアで流行しはじめたDIYはそのお手軽感やはじめてやることの楽しさ、そして安く物が直せるということで話題になっていました。

最近では道具や情報も豊富になり、住宅DIYの敷居も低くなりつつあります。しかし、行き過ぎたDIYは危険が伴うためおすすめはできません。

DIYが持つ危険性とは?

DIYが持つ危険性とは?

住宅DIYというと外壁塗装や屋根補修などが人気です。どちらも業者に依頼すると工事費用が高額になりがちなので、自分で安価に修繕できるならそうしたいという気持ちが大きいのでしょう。特に塗装は何だか楽しそうなイメージもありますし、手を出す人が多い傾向にあります。

しかし、当然ですがDIYは失敗する可能性もあります。簡単そうに見える塗装も意外と難しいもので、塗りムラができたり表面がデコボコしてしまったりとキレイに塗れない場合があります。更に外壁は下塗り・中塗り・上塗りの三回塗りが基本です。キレイに均等な塗装を三回繰り返すことは慣れていないと非常に困難で、業者が施工した塗装とは格段の違いが出てしまいます。

また、屋根は雨水を受け流すために水捌けが重要になってきます。下手に補修を施すと雨の通り道を塞いでしまい雨漏りが発生することもあり得ます。

家のDIYを試みて、失敗したから業者に頼むという人も少なくありません。そうするとDIYのために用意した道具や材料費は無駄となり、業者側も失敗箇所を直してから修繕を施したりと、普通に業者に頼むよりも費用が高額になってしまいます。ちょっとした家具や物置ならまだしも大切な家に手を加えるということはそれなりのリスクも伴うものです。

大怪我に繋がることも

大怪我に繋がることも

更に素人が高所にのぼって修繕をするという行為は非常に危険です。屋根は想像以上に足場が不安定ですし、外壁塗装も広範囲に塗る場合は高所での作業になります。上った後に下りられなくなったり、最悪の場合は落下して大怪我にいたることも有り得ます。慣れない高所でのDIYは絶対にやめましょう

転倒や落下をすれば怪我だけではなく、建物にもダメージを与えてしまう可能性があります。屋根でよろめいて瓦を割ってしまったり、最悪の場合は踏み抜いてしまうことも。外壁もはしごや足場ごと倒れこんで大きな傷ができてしまうかもしれません。

危うげな住宅工事を進めることは、施工する人にも家にも良いことはないのです。それならば最初からきちんとした業者に依頼した方が、危険もなく適正価格で家をキレイにすることができるでしょう。

住宅工事は屋根ットへ!

家に気になる箇所がおありの方は、是非屋根ットにご連絡ください。屋根ットにご依頼いただければ、国家資格と15業種の建設業許可を所有する優良業者をご紹介します。塗装から修理工事まで幅広くこなしますので安心してお任せすることができます。

また、工事を依頼頂いたお客様には住宅に火災保険が使えないかお調べする無料サービスも行っております。屋根や外壁の破損が自然災害によるものでしたら、火災保険が適用されて保険金が下りる可能性があります。そうすれば工事を安価で行える可能性がありますし、別途で調査費用が発生することもありませんので非常にお得です。

DIYやリフォームをお考えの方は屋根ットにお任せください。お問い合せも無料ですのでお気軽にご相談いただければと思います。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca5k836
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付