何が違う?リフォームとリノベーションが持つ意味

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca5k976
お電話の際必要です

何が違う?リフォームとリノベーションが持つ意味

カテゴリー:住宅コラム
リフォームとリノベーションの違い

最近耳にするようになったリノベーションという言葉。リフォームと同じものと認識されている人も多いですが、実は微妙に意味合いが異なります。いざリフォームをお考えの際に混合されないように、このページでその違いを解説します。

リフォームとは?

まずはなじみ深い言葉である「リフォーム」。一般的には家の大規模な改修工事という意味合いで知られていることでしょう。あながち間違ってはいないのですが、「リノベーション」の登場によりリフォームの言葉の意味も限定されてきています。

現代におけるリフォームは壊れていたり、汚れていたりと劣化している部分を修理することで、あくまで原状回復程度の工事として考えられています。つまり悪くなった状態を元に戻すことが目的であり、それ以上の改良を行うことはリフォームとは呼ばないのです。

リフォームは「修繕工事」であると捉えると分かりやすいのでしょう。

リノベーションとは?

では続いて「リノベーション」とは何なのか。察しの良い方はお気づきかもしれませんが、住宅を改良して価値や質を高める工事を行うことを指します。

リノベーションでは古い住宅の機能性を高めたり、美観を整えて新築のような見た目にしたりということが行われます。リフォームが修繕工事ならこちらは「改修工事」と言ったところでしょうか。

家の良いところを残し、ライフスタイルに合わせて更に改良しようというこの行動は、家の価値を高めるだけではなくエコにも繋がるため近年注目を集めています。

具体的な違いは?

具体的な違い

具体的な例を交えて説明しますと、汚れてしまった外壁の塗装を塗り替えたり、劣化した屋根を葺き替えることはリフォームに当てはまるでしょう。リノベーションは住みやすいように間取りを変えたり、排水管を取り替えたり、耐震工事を施したり、バリアフリーを取り入れたりと、本来その家が持っていた性能を超えることと考えたらわかりやすいでしょうか。

勿論、施工費用はリノベーションの方が高額になりますが、改修工事は家の性能を蘇らせ、ひいては寿命を延ばすことにも繋がります。住んでいれば当然のように劣化する家には適切なメンテナンスが必要です。リフォームだけで事足りる場合もありますが、どちらを行うかは家の状態や費用を考慮してじっくり考えましょう。

火災保険でリフォーム費用が安くなる!?

リフォームには火災保険が使える!?

家の工事はどうしてもお金がかかってしまうものです。保険によって工事費用が浮けば心強い助けになりますよね。あまり知られていませんが、火災保険は自然災害など偶然の事故によって住宅が受けた損害を補償する住まいの保険とも言われています。このように説明すると「うちは被災なんかしてないですよ」と言われることが多いですが、本当にそうでしょうか。

日本人は自然災害に慣れすぎて、いざ被災しても気づけないということがあります。破損箇所に火災保険が適用されるにも関わらず、そのことを知らないがために実費でリフォーム工事を行ってしまったという話はよくあります。保険料を支払っているのに非常に勿体ないことだと思いませんか?

火災保険は家が受けた損害を補償する保険であるため、機能性を向上させるリノベーションを目的として支払われることはありません。しかし、機能性を取り戻すリフォームでしたら使用できますし、下りた保険金をリノベーションにあてることは自由です。

当サイト「屋根ット」に工事をご依頼いただければ、火災保険が適用される箇所があるかどうかお調べする無料サービスを実施いたします。本来予定していた工事費用が大幅に安くなる可能性もありますので、リフォームや修繕工事をお考えの方はぜひご相談ください!

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca5k976
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付