何故必要?外壁塗装が重要な理由

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca7k169
お電話の際必要です

何故必要?外壁塗装が重要な理由

カテゴリー:外壁

マイホームは定期的に外壁の塗り替えをした方が良いと言われています。では何故そこまで外壁塗装が必要なのでしょう?「外観を綺麗に保つため」と思われることが多いですが、実は塗装は美観の維持だけではなく外壁の耐久性を維持する役割も持っているのです。

何故塗装が必要なのか?

何故塗装が必要なのか?

外壁は雨風・雪・紫外線・湿気など、日常的に多くのダメージを受けています。放っておけばあっという間に劣化してしまうのですが、それを防いでいるのが塗装です。塗装は人間にとっての皮ふであると例えられることが多いですが、皮ふも年がら年中外気に晒していればダメージを受けますよね。何も対処をしなければ日焼けをしたり肌に染みができたりするのと同じです

そして皮ふもダメージを受ければ身体そのものに害が出る可能性があります。外壁も同じように、様々な外敵から家を守る盾となっているのです。しかしその盾も時間が経てば徐々に劣化してしまうため外敵に対抗できなくなってしまいます。だからこそ、塗り替えなどのメンテナンスを行い正常な状態を保つ必要があるのです。

塗り替えをしなければどうなる?

塗り替えをしなければどうなる?

外壁が持つ最も重要な役割は防水です。厄介な住宅トラブルを思い起こせば、雨漏り、シロアリ、腐食…どれも水分や湿気が原因であることがわかりますね。意外に思われるかもしれませんが、家にとって最大の天敵は雨なのです。

では、塗装が劣化すると外壁に何が起こるでしょうか?以下にまとめましたのでご覧ください。

  • 劣化によるクラック(ヒビ割れ)が発生する。
  • 塗膜の剥がれや膨れが発生する。
  • シーリングが劣化して亀裂などが入る。
  • チョーキング現象が発生する。
  • コケやカビが発生する。

これらは建物の劣化のサインです。放っておくと劣化箇所の防水性がどんどん低下し、外壁内部に雨水が浸透します。外壁の中には防水シートなどの下地がが施されていますが、塗装が突破されてしまうとシートも一気に傷んでしまうため、建物の腐食や雨漏り、シロアリの発生など致命的な損害に直結してしまう場合があります。

外壁塗装を渋るのは危険な行為

外壁塗装を渋るのは危険な行為

塗装と言うと「塗るだけ」というイメージがあり、普通の工事に比べると安いのではないかと思われがちですが、外壁塗装は100万円単位の非常に高額な買い物です。そのため塗り替えを怠ったり、無理に安価に済ませようとする人が沢山いらっしゃいます。倹約は悪いことではありませんが、屋根と外壁に関することだけはどうか出費を惜しまないでください。

先ほど塗装を皮ふに例えましたが、家の傷みも病気と同じです。放っておけばたちまち悪化してしまい、別の損害を呼び起こすことになります。「早期発見・早期治療」という言葉がありますが、家にとっても同じことが言えるのです。そして塗装などのメンテナンスは予防接種や健康診断の役割を持ってると考えれば分かりやすいですね。

適切なメンテナンスは最も安全に、かつ安く家を守ることが出来る手段なのです。

塗り替え頻度の目安

塗り替え頻度の目安

外壁塗装のタイミングは外壁材や使用されている塗料の種類によっても変わってきます。一般的な塗料には4種類ほどのグレードがあり、それぞれ耐久性と費用が異なるのです。更に職人さんの腕前や気候などの立地条件も関係するため一概には言えません。

一先ず家の点検は少なくとも10年に1回は必ず行いましょう。塗り替えが必要かどうかもそのときに専門業者に判断してもらえば良いのです。こまめな点検は家の寿命を伸ばすために一番大切な作業であるため、サボらず必ず定期的に実施しましょう。

被災後は要チェック!

被災後は要チェック!

定期的な点検の他、自然災害に見舞われた後は必ず家の点検をしましょう。昨今の自然災害は激化の一途をたどり、耐用年数など関係ないという勢いで家に損害を負うことがあります。被災後に必ず家のチェックをすることを習慣づけていれば、何か変化があったときにすぐ気付くことが出来ます。

損害を見過ごしてしまうのは最も危険です。災害による損害は経年劣化によるものよりもダメージが酷い場合が多く、それまできちんとメンテナンスをしても一気に家の状態が悪くなることが有り得ます。

外壁の場合は特に地震によるクラック(ひび割れ)、風災による外壁の飛散、飛来物による損害、落雪による破損などに注意しましょう。

火災保険で修理が出来る場合も

自然災害を原因としたイレギュラーな損害(※)には火災保険が適用される可能性があります。火災保険は自然災害や事故など突発的な損害に対し補償が受けられるもので、ご契約内容と損害が合致すれば保険金で外壁のメンテナンスが出来るのです!

ただし序盤でお話したような、時間の経過による劣化(経年劣化)で発生した損害は保険の対象外となります。例え災害で破損したとしても、メンテナンスを怠っていたことが原因だとして支払いを拒否されることも…。そういった事態を防ぐためにも、家の状態は健全に保つことが大切です。

屋根ットでは家のメンテナンスや修繕工事をご依頼いただいた方に対して、火災保険が適用されるか無料でお調べする調査業者を紹介するサービスを行っています。ご自宅に保険が適用されるか気になる方は、ぜひ私共にお任せください。

※地震・津波・噴火を起因とした損害は火災保険ではなく地震保険になります。地震保険は火災保険に付帯して契約するものなので、事前に加入しているか確認をとっておきましょう。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca7k169
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付