必見!外壁材のメリット・デメリット

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca7k183
お電話の際必要です

必見!外壁材のメリット・デメリット

カテゴリー:外壁

ご自宅の外壁を意識したことはありますか?マイホームをお持ちの方に「お宅の外壁材はなんという種類ですか?」と訪ねても、答えられる人はあまり居ないでしょう。外壁材は時代に合わせて開発が進み、常に変化を続けています。外壁材が持つそれぞれの特徴を知っておくことは将来的にもプラスになるでしょう。

外壁材の特徴

外壁材はデザイン性・耐久性・価格費用など様々な要因が重視されます。どれも一長一短で甲乙つけがたいですが、ご自宅に合ったものを選ぶのが一番です。個性豊かな外壁材、あなたならどれを選びますか?

サイディング

サイディング

従来の外壁といえばコンクリートや土を使った塗り壁が主流でしたが、現代ではこのサイディングを取り入れている住宅が増えています。サイディングとは外壁の骨組みに対して、事前にデザインされたボードを貼りあわせて施工するものです。

サイディングは多くのメリットを持っており、塗り壁に比べると劣化が遅い、デザイン性が高い、軽量で耐震性に優れているなどが挙げられます。

施工費用も安価でメンテナンスなどの施工もしやすいといった点から高い人気を誇っています。サイディングのメンテナンスは張り替えと塗装が選べるため、飽きたら気軽に別のデザインにすることも可能なのです。

デメリットとしては、貼りあわせになるためどうしても継ぎ目であるコーキング部分が劣化しやすいという点です。住宅にとって継ぎ目は最大の弱点であり、劣化が酷くなれば雨漏りなどのトラブルに繋がる危険性があります。しかし業者に依頼すればコーキングの打ち替え補修を行ってくれるため、メンテナンスに気を使えば問題はありません。

※コーキング…気密性や防水性のために使用されるパテのような充填材のこと。シーリングとも呼ばれます。

モルタル壁

モルタル壁

モルタルとはセメントと砂、水などを混ぜたものを指します。古くから外壁材として活躍しており、1990年代まではモルタルによる塗り壁が主流でした。近年はサイディングの勢いが強いですが、長い間愛されていただけにモルタルにはモルタルの長所があります。

サイディングはデザイン性の高さが評価されていますが、自由度で言えば塗り壁であるモルタルの方が上です。職人さんの腕に左右されるため一概にはいえませんが、古臭いと思われがちなモルタルでも風合いを併せ持つ個性的なデザインを作り出すことができます

更にモルタルには防火性が高いという強みがあります。木造建築が多い日本では類焼被害が多いため、それを防ぐために生まれたのではないかと言われているほどです。しかし防水性に関しては、一度劣化すると急速にダメージを受けるという面もあるので注意が必要です。

継ぎ目のないモルタルはコーキングの劣化と無縁というメリットがありますが、材質的にヒビ割れがしやすいというデメリットを持っています。ヒビ割れはクラックと呼ばれ、モルタル壁にはどうしてもついてまわる劣化症状です。ただしクラックにも様々な種類があり、速やかな修繕が必要になる場合とそうでない場合があるため専門家の意見が必要です。

トタン壁

トタン壁

モルタル壁以前に主流だったのが溶融亜鉛メッキ鋼板を元にして造られたトタン壁です。近年では敬遠されがちですが、耐久性と防水性に優れているという長所を持っています。

しかしその半面、錆びやすいという最大のデメリットを持っており適度なメンテナンスが必要になります。錆びが発生すると美観的にもよくないため、塗装の塗り替えは必須と言えます。

タイル壁

タイル壁

外壁にタイルを使用しているととても豪華な印象のお家になりますよね。多くの人が憧れるタイル壁ですが、そのメリットは見栄えだけに留まりません。

タイルはもとより劣化がほとんどないという特長を持っています。そのためどの外壁材より経年劣化しづらく汚れもつきにくいということ強みを持ち、メンテナンスはほとんど不要と言われています。唯一必要なのは洗浄くらいですが、塗装や張り替えと比べると遥かに安価で頻繁に行う必要もないのでお手軽です。

タイル壁のデメリットと言えば価格が高額であるということですが、将来的なコストを考えると思い切って選択肢に入れてみても良いでしょう。

その他にはタイルが剥がれ落ちる可能性があるというデメリットがありますが、下地のクッション性を高めることで回避することもできるので施工時に業者と打ち合わせをしておけば安心です。

ALCボード

ALCボード

最近注目されているALCボードは、あまり聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。ALCとは簡単言うと高温で加工された軽量気泡コンクリートのことです。

ALCのメリットは断熱性・耐火性・遮音性が高いということにあります。また、モルタル壁やコンクリート壁に比べると軽量であるため地震が起きた際などの負担が少ないという利点も持っています。

しかし短所として、防水性が仕上げ材の塗料の性能に依存していまいます。ALCは気泡が多いため吸水性が高く、メンテナンスや使用する塗料に気を使わなければ内部からボロボロになってしまう危険性があります。

コストを考えて要検討しよう

外壁は施工もメンテナンスも高額になります。綺麗で丈夫な外壁を保つためには、初期費用だけではなくメンテナンス費用も考慮して外壁材を選びましょう。上記でご紹介した外壁材には、その中に更に細かい種類があります。必ずご自宅に合った理想の外壁材が見つかりますので、焦らずじっくりと検討することが大切です。

また、外壁や屋根といった外装の材質は立地や気候も深く関わってきます。そういった要素も考慮することで、長く住める理想の家が出来上がるでしょう。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca7k183
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付