後悔しない外壁塗装 塗り替えサインを見逃すな!

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca7k200
お電話の際必要です

後悔しない外壁塗装 塗り替えサインを見逃すな!

カテゴリー:外壁
塗り替えの目安

大切な家を守るためにも外壁は定期的に塗装の塗り替えをしなければいけません。ではそのタイミングはいつがベストなのか知っていますか?

インターネットで調べてみると色んな基準が書いてありますが、具体的な年数はお家の条件や環境によって変わってくるというのが結論です。そこで今回は塗り替え時期を知らせる外壁のサインを皆さんにお伝えします。

塗り替えの目安

建物の塗装は10年ほどで塗り替えが必要だと言われることが一般的です。しかし、こちらのページでもご説明しているように塗料にもおおよその耐久年数があり「結局はいつが良いの?」と思われる方も多いのではないでしょうか。

先ほども申した通り、各ご家庭によって立地・気候・周辺環境はそれぞれで、建物が受けるダメージが違えば劣化の速度も違います。そのため、ご自身で判断が出来るように「こういう劣化が出たら注意!」というポイントを以下にまとめました。

汚れ・色あせ

汚れ・色褪せ

最初はキレイな家も、10年もすると汚れてしまい色あせて塗装のつやがなくなります。美観的にはよろしくありませんが、この時点ではまだ早急な塗装が必要なレベルではないこともあります。場合によっては高圧洗浄などで様子見しても良いでしょう。

コケ・カビの発生

コケ・カビの発生

日当たりが悪く湿気が多い場所はコケが発生しやすく、放っておくとカビの被害にも遭うことになります。こちらも高圧洗浄で対処することは出来ますが、コケやカビが発生している場合は外壁の防水効果が低下している可能性があります。外壁の状態にもよりますが、劣化が激しければ塗り替えを検討することをおすすめします。

チョーキング現象

チョーキング現象

外壁に手をついて粉のようなものが手に付着したことはありませんか?これはチョーキング現象と言い、劣化により外壁の表面がチョークの粉のようになることからそう呼ばれています。

チョーキング現象の発生は外壁劣化の指標として有名で、防水効果なども失われている可能性が高いことから早期の塗り替えがすすめられています。目に見えた損害ではないため放っておかれることも多いですが、立派な劣化サインなので放置はやめましょう。

錆びの発生

錆びの発生

主に金属製の外壁材が悩まされる劣化です。錆びは外壁材の劣化を加速させるため、しっかりと錆び取りをしてから塗り替えを行いましょう。金属製の建材にとって錆びはどうしても切り離せないものですが、塗り替えの際に錆び止め塗料などを使用すると再発のリスクを抑えることができます。

ひび割れ(クラック)の発生

ひび割れ(クラック)

クラックにはへクラックなど色んな種類があるため全てが危険というわけではないですが、放置していると悪化することがあります。ひび割れがあると美観も悪く建物の耐久性にも良くありません。

ひび割れはシーリング材など隙間を埋めた後に塗装をすることになります。そのときに処理を誤ると後々ひび部分の劣化が浮き出てくるため、隙間埋めの工程や塗料については施工店としっかり打ち合わせをしましょう。

塗膜の膨れやめくれ

塗装の膨れやめくれ

塗装をしたときに余分な水分を含んだり、湿気の多い時期に施工を行うと塗膜の膨れなどが発生することがあります。そのままにしておくと剥がれたりめくれたりし、塗装が本来持つ耐久性を失ってしまいます。広範囲に渡れば外壁がどんどん弱まってしまうため、塗り替えを考られるべきでしょう。

外壁材の腐食

外壁材の腐食

上記の外壁の破損を放置していると外壁の腐食が進みます。塗装だけではなく内部の下地材も傷み、大規模な修繕工事が必要になる可能性もあります。修繕費用も高額になってしまうので、外壁のチェックは定期的に行い異変があればすぐに対処しましょう。

小さな損害を見つけ次第処置をし、塗装を施すことで建物の耐久性を長期的に確保することができます。

シーリング(コーキング)の打ち替え

シーリング(コーキング)の打ち替え

外壁を点検するときはシーリング(コーキング)の劣化もチェックしておきましょう。シーリングとは、気密性や防水性のために建材の隙間などをふさぐを役割をもった建材で、外壁よりも耐久性が低く劣化が早いという特徴があります。

外壁塗装をする際は通常シーリングの打ち替えも行うものですが、割れなどの酷い劣化が目立つ場合は塗り替えを待たずして優先的に処置を行ったほうが良いでしょう。広範囲でなければ一部の補修だけで保たせることも出来ます。

季節はいつがおすすめ?

季節はいつがおすすめ?

先ほど、塗膜の膨れは「湿気の多い時期に塗装を行うと発生しやすい」とご説明しました。では一年の中でいつ頃が塗装の季節に相応しいのでしょうか?

実は最近では施工する季節にあわせた塗料も販売されており、時期を問わずに塗装が出来るようになっています。ですのでどの時期が特別良いということはあまり無いのですが、真夏と真冬だけは避けたほうが良いとされています。

当たり前ですが夏場は非常に暑く、外壁塗装用のビニール養生で室内温度が上昇します。更に気温の高さから塗料の乾燥が早く、日陰と日向で工夫する必要なども出てきます。また、冬は日が落ちるのが早いため作業時間が短くなり工期も伸びてしまいがちです。更に気温が5度以下になると乾燥までが著しく遅くなり、塗装に適さないという問題も持っています。

塗装工事は真夏と真冬、そして作業の出来ない台風シーズンを避けると良いでしょう。但し外壁に大きな損害があるときは季節を問わず早急に業者に連絡しましょう。最初に述べたように近年の塗料は進化しているためご安心ください。

10年に1度は建物全体を点検しよう!

外壁塗装を考える前に、建物の点検は必ず10年に一度は実施しましょう。建物は築10年も経てば思わぬ損害受けている可能性があります。外壁だけではなく建物全体をくまなく調べることで、損害を早めに発見することが出来ます。

また、工事は一度にまとめて行ったほうがコストパフォーマンスが良いという特徴があります。何故なら工事料金の中には高所の作業をするためには必須である足場代が含まれているからです。足場代は約20万円ほどかかることもあり、意外と高額です。数回にかけて工事をするよりも、一度の工事で各所の修繕を行った方が足場を再利用できるためお得ですよね。

外壁塗装をお考えの方は、まずは建物全体のチェックをしてみてはいかがでしょうか?屋根ットの提携業者には建物の損害を調べあげる住宅のプロが揃っております。自然災害による損害がお有りでしたら火災保険を使用した安価の工事もご提案可能ですので、お気軽にご相談くださいませ。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca7k200
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付