5分で分かる外壁塗装の工法まとめ

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca7k253
お電話の際必要です

5分で分かる外壁塗装の工法まとめ

カテゴリー:外壁

外壁塗装には三種類の工法があります。最も一般的なローラー塗り、古くから使われている刷毛塗り、少し癖のあるスプレー塗りと、どれも様々な特徴を持っています。どの工法で塗装を行うかは施工業者の腕や外壁の状態によって変わります。それでは三種類の工法の特徴をご覧ください。

工法の種類

工法の種類

外壁塗装において最も重要なのは職人の腕ですが、工法はそれに大きく関わってきます。腕利きの塗装業者でしたら使い慣れた道具が一番ですが、素人に毛が生えた程度の職人では適当な施工をされる可能性があります。下記の工法の特徴を覚えて、万が一のときはしっかりを意見を言えるようにしておくと良いでしょう。

ローラー塗り

ローラー塗り

画像引用:http://item.rakuten.co.jp/summy-shop/frpsekisou-a-300/

ローラーは近年において最も使用されている道具です。広範囲を素早く塗ることができ、その早さはなんと刷毛(はけ)塗りの二倍と言われています。更に簡単にムラなく塗れるというメリットもあります。

更にローラーの種類も沢山あり、塗装するものの材質や状態を考慮して適宜使い分けることができます。凹凸がある面には長毛タイプのローラー、平坦で滑らかな面には短毛タイプのローラーを使用しています。

職人さんにこだわりがある場合を除けばほとんどがこのローラー塗りになるでしょう。

刷毛塗り

刷毛塗り

ローラーより歴史の長い刷毛塗りは使用者によって大きく出来栄えが変わります。刷毛塗りの良さと言えば細かなところまで丁寧に塗り込めることですが、熟練の塗装職人でなければ綺麗に仕上げることは難しいです。素人が使うとムラが出来るためおすすめできません。

そしてローラー同様に刷毛にも複数の種類があります。最もオーソドックスな平刷毛をはじめとし、粘着性の高い塗料を使用する際は寸胴刷毛、その他にも目地刷毛など意外と種類は豊富です。刷毛は古い道具だからこそ技術が必要になる工法です。

外壁塗装をする際に、どうしても塗りづらい場所があります。そういったところは刷毛を使用してもらうと綺麗に仕上がりますので、もし施工業者がやってくれなければ提案をしてみましょう。

スプレー塗り

スプレー塗り

画像引用:http://www.yoro-store.com/products/detail445.html

塗料をスプレーで霧状にして噴きつける工法です。自動車などの乗り物にはよく使用されますが、外壁に使われることはほとんどありません。というのも、スプレー塗りは広範囲を塗るにはムラになりやすく、余程慣れていなければ仕上がりが汚くなってしまうのです。

また、塗料の飛散が多いこと、そして騒音がうるさいということからご近所に迷惑をかけるおそれもあります。しかし塗装のスピードだけでいえば三種類の中で最も早いため、慣れている業者は好んで使用していることがあります。

デメリットばかりというわけではありませんが、珍しい工法ではあります。

仕上がりは自分の目で確認を

塗装作業が終わりましたら、足場を撤去する前に仕上がりの確認をさせてもらいましょう。塗りムラがあったり、イメージと違ったり、酷いときは塗り残しがあったりすることも有り得ます。色のイメージなどの細かい差異は難しいかもしれませんが、塗り残しがあった場合は当然対応してもらえるはずです。

足場は一度解体をすると再度立てるときに更に10~20万の足場代が必要になることがあります。そのためくれぐれも撤去前の確認を怠らないようにしましょう。

安易なDIYは危険!

安易なDIYは危険!

近年のDIY(日曜大工)ブームで「塗装は楽しいもの!自分でできる!」というイメージが強くなっています。しかし家の大切な外壁や屋根に手を施すのはやめておきましょう

塗装というのは見た目に比べると想像以上に難しいものです。刷毛やローラーにつける塗料の適切な量や、重ね塗りの感覚は職人さんにしか分かりません。うろたえている間にムラができてしまったり、凸凹した表面になってしまったりと失敗するリスクの方が高いです。

また、塗装のための道具はホームセンターなどで購入できますが、全て揃えると意外と高額です。もしそれらを買い揃えて塗装に失敗したとなると、非常にもったいないことになります。DIYはウッドデッキや物置などの程度に留めておきましょう。

外壁塗装もお任せください!

屋根ットがご紹介する業者は15業種の建設業許可を持ち、もちろん塗装工事も承っています。外壁や屋根などの塗装をお考えの方には住宅のプロをご紹介いたします!

また、もしも塗装工事をご依頼された際に屋根・外壁などに損害がありましたら、火災保険が申請できる可能性があります。屋根ットでしたら工事だけではなく、お客様の保険申請のお手伝いも無料で実施しております。「塗装をする前に気になる損害がある」「あそこを直せないと塗り替えが出来ないんだけど…」という方は、一度調査をしてみませんか?まずはフリーダイヤルからお気軽にご相談ください!

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca7k253
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付