失敗しない外壁塗装!作業の流れと重要なポイント

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca7k6181
お電話の際必要です

失敗しない外壁塗装!作業の流れと重要なポイント

カテゴリー:外壁

外壁塗装は家全体に関わる大掛かりな工事になるため、前もってある程度の流れを知っておきたいですよね。住宅工事はトラブルも多く、外壁塗装の失敗例も多く耳にします。大切なお家に施工するわけですし、工程を把握していれば安心感が持てるのではないでしょうか。

今回は外壁塗装の簡単な流れと、気にかけるべき重要なポイントを解説します。是非参考にしてください!

外壁塗装の作業工程 どんな流れ?

外壁塗装の作業工程 どんな流れ?

外壁塗装の工期は約10日~2週間ほどかかります。塗装工事は雨天や気候に左右されるため予定より早く終わったり長引いたりしますが、その間はシートで覆われて窓も開けられず近隣にも気を遣う窮屈な生活を送らなければいけません。しかし作業工程を知っていれば今何の作業をしているのか把握することができ、少しは気が軽くなるのではないでしょうか。

また仕上がりが不安な方はここでお伝えする外壁塗装のポイントについて、職人さんに確認をとってみることをおすすめします。

①足場組み立て

足場組み立て

まずは外壁塗装に必要な足場を組み立てます。足場は施工のクオリティや安全性を守るためにも必要不可欠なので余程のことがない限り使用します。

足場の組み立てが終わったら水や塗料が飛散しないように飛散防止シートを張ります。このシートがしっかり取り付けられていなければ近隣に迷惑がかかり、ご近所トラブルに発展するおそれがあるのでしっかりと張ってもらいましょう。

②高圧洗浄

高圧洗浄<

塗装をはじめる前に家をキレイな状態にしなければいけません。高圧洗浄は単なる汚れだけでなくコケや藻を落とす目的も持っており、専用の機械を使用してくまなく洗い流します。

この作業が不十分だと塗料の接着が弱まり、剥がれやすく劣化に弱い塗装になってしまいます。実は塗装は上塗りより下地作りの方が塗膜の耐久性に関わる重要なポイントになるのです。

③下地処理・補修

下地処理・補修

高圧洗浄を終えたら下地の調整に入ります。高圧洗浄で落ちなかった汚れや錆びを落とし、クラックなどの損傷があれば先に補修をしておきます。コーキング部分が劣化していた場合の打ち替えもこの段階ですることになります。

また、外壁材に応じてサンドペーパーや専用の機械で研磨して細かい傷をつける目荒らしを行います。表面がつるつるしていると塗膜がすぐに剥がれてしまうことがあるので、塗料の密着性を高めるために行う作業です。

④養生

養生

下地が整ったところでいよいよ塗装の準備に入ります。養生(ようせい)とは、塗料が必要なところ意外に付着しないようにビニールやテープで覆う作業です。

主にドアや窓、雨どい、室外機、排水口、地面、植木などですね。後で塗る予定の箇所もここでは養生をしておきます。もし養生で特別気を遣ってもらいたい大切なものがあれば、事前に職人さんに伝えておくといいでしょう。

⑤下塗り

下塗り

本格的な塗装を行う前に下塗りを行います。下塗りは美観だけではなく、塗料の密着性を高め塗膜の強化を行う重要な作業です。

この下塗り作業は塗膜の耐久性に大きく関わるためしっかりと施工してもらわなければいけません。しかしここで手を抜く業者が多いため、心配であれば施工がきちんと行われているか確認をとりましょう。

⑥中塗り・上塗り

下塗りが終われば中塗りと上塗りの作業がはじまります。下塗りと違って最終的な美観はここで決まるので垂れや塗り残しがないように丁寧に塗ります。

上塗りではなく仕上げ塗り、中塗りではなく上塗り2回などと呼ばれることもありますが違いはないので問題ありません。塗装の基本である3回塗りが守られていれば大丈夫です。

⑦片付け清掃・足場解体

片付け清掃・足場解体

外壁塗装が終われば後は片付けるだけです。ここで重要なのは、足場を解体する前に仕上がりをよく確認すること。先に足場を解体されてしまうと、万が一塗り残しや汚れがあった場合に再度足場を組み立てることになってしまいます。

もし仕上がりのチェックをせずに足場を解体されそうになれば、「その前に確認させてください」と一言伝える勇気を持ちましょう。

手抜き工事に要注意!

手抜き工事に要注意!

住宅工事の費用は高額なため、悪徳業者も多く存在します。特に外壁塗装では手抜き工事が目立ち、多くの人々が被害に遭われているのです。

  • 十分な下地処理を行っていない。
  • 養生をきちんと行っておらず、塗料が飛び散ったりはみ出したりしている。
  • 3回塗りが必要なところを1、2回しか塗っていない。
  • 塗料を基準以上に薄めて使っている。
  • 塗り残しや汚れをそのままに足場を解体し、塗り直しを求められたら追加で足場費用を請求してくる。

よくお話を伺うのが上記のようなケースですが、特に下塗り~上塗りに関する手抜きが多く見受けられます。当然ですが基準以上に塗料を薄める、3回塗りを怠るなどの行為をすれば塗膜の耐久性は著しく落ちてしまいます

大切なお家の外壁を守るためにも、そのような手抜きを許してはいけません。信頼できる業者であれば良いのですが、もし少しでも業者に不信感があれば上記で挙げたポイントを重点的に随時確認をとるようにしましょう。後ろめたいことなければ丁寧に対応をしてくれるはずです。きちんと対応してくれるのが優良業者の証と言えます。

お悩みは屋根ットが解決します!

外壁塗装をお考えの方は当サイトにお任せください!屋根ットは関東密着型の優秀な施工業者と提携しており、お客様の条件に合わせてご紹介するサービスを実施しています。当サイトと提携する業者は建築業許可を15業種取得しており、その他国家資格も有している優良業者です。

建築業許可とは大規模な工事をする際に必要になる資格で、行政により認可されるものです。15業種以上取得している業者は全国でもたったの2%しか存在せず、その中にはもちろん塗装工事も含まれています。国に認められた施工業者にお家を任せてみてはくれませんか?

お客様が安心してお家を任せられる業者をご紹介するのが屋根ットです。外壁や屋根の塗装、その他建物の修繕工事をお考えの方は、是非ご相談ください!

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca7k6181
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付