外壁塗装をする前に知ってほしい3パターンのトラブル例

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca7k6488
お電話の際必要です

外壁塗装をする前に知ってほしい3パターンのトラブル例

カテゴリー:外壁

外壁塗装は大規模な工事ですから、何かとトラブルに繋がりやすいという実情があります。高額な費用を払ってせっかく家がキレイになるのに嫌な気持ちで終わりたくありませんよね。今回は外壁塗装で起きがちなトラブル例を大きく3パターンに分けてご紹介します。塗り替え工事をお考えの方は是非お役立てください。

パターン①詐欺業者の存在

パターン①詐欺業者の存在

リフォーム工事に関連する詐欺行為は非常に多く、社会問題と化しています。工事を成功させるためにはまずは良い業者選びから。悪徳業者に掴まらないように詐欺の手口を知っておきましょう。

過剰な割引サービスの裏

訪問販売を行う塗装業者の中には「今日ご契約いただければ足場代無料」「モニターになれば施工無料」など過剰な割引サービスを実施しているところがあります。

しかし工事は適正価格でないと仕上がりに差が出るのは当然のこと。割引された分だけ建材のグレードを落としたり経験の浅いアルバイト職人を派遣されたりと必ずどこかに影響が出て、それは工事の出来栄えに反映されるおそれがあります。

必要のない工事の提案

住宅工事は専門的な分野なのでお客様は詳しいことを知らないことがほとんどです。そのことを利用して、外壁塗装にかこつけてあれこれと必要のない工事を迫り高額な報酬を得ようとする業者が存在します。

塗装工事をご依頼頂いた際に、親切心から「ここも早めに直した方が良いですよ」とアドバイスすることはもちろんあります。しかし「儲けたい」という一心からお客様を不安にさせるような言葉で必要のない追加工事を強要するのは詐欺行為に当たります。

オリジナル塗料の押し売り

塗装業者がおすすめしてくる「自社開発のオリジナル塗料」にはお気を付けください。営業は「安くて高品質」「耐久性が高い」などとキレイな言葉を並べ立ててセールストークをしますが、実際は大手メーカーのラベルを張り替えたものや既存の塗料を混ぜ合わせたものが多いようです。

日本には日本ペイント、エスケー化研、関西ペイントなど、優れた塗料メーカーが多数存在しています。本当に開発に精を出している業者も存在するかもしれませんが、大手メーカーを避けてまで使用するにはリスクが高すぎます。


詐欺行為を避ける手段としては、まず訪問販売業者には工事を依頼しないことです。訪問販売による住宅修理トラブルは数年前から問題視されており、社会問題の一つとして国民生活センターからも注意喚起されています。

既に工事を依頼済みの業者相手でも、疑問に思ったことはその都度質問しましょう。何故その工事が必要なのか、この作業はどうなっているのか、きちんと説明してくれるかどうかで信頼できる業者かどうか見極めることができます。

パターン②手抜き工事

パターン②手抜き工事

外壁塗装は適当に塗って終わり、では意味を成しません。きちんとした手順で正しい施工をすることで耐久性や耐水性に優れた家を守る塗膜となるのです。しかしお客様にバレないだろうと、あろうことか手を抜く悪質な施工業者が存在することも事実です。

下地処理が不十分

外壁の塗り替えを行うときは劣化箇所の修繕や表面の目荒らしなど下地の調整が必要になります。例を挙げますと、錆びている箇所のケレンやコケの清掃、ひびの補修などですが、これを怠ると耐久性が低く弱い塗膜となってしまうのです。

せっかく家を塗り替えるのにすぐに劣化してしまい、何度も塗り替える羽目になるのは避けたいですよね。下地処理の仕上がりは素人では判断がつきませんので、きちんと施工をしてくれる信頼できる業者を探すことが大切です。

塗料を薄めて使っている

外壁塗装において塗料はとても重要なポイントです。しかし、驚くことに材料費を浮かせるため既存の塗料を薄めて使用するというとんでもないことをする業者も存在します。当然、使用基準よりも薄めた塗料で施工すれば本来その塗料が持つ効果を発揮することが出来ません。

3回塗りされていない

塗装の基本は3回塗りと言い、下塗り・中塗り・上塗りの合計3回の重ね塗りで塗膜が形成されます。ところがそれすらも手を抜いて2回塗り、ひどいときは1回塗りで済まされていることがあるのです。

お客様は四六時中工事に張り付いているわけではないので作業工程がどのようになっているか詳しいことはわかりません。それを理解した上でバレないように手を抜いているのです。信じられないと思われるかもしれませんが非常に多く使われる手段です。


これらの手口は実際に行われてもお客様は気づかないことがほとんどです。見た目は変わらずとも、しっかりと手順をふまれた適切な施工といい加減な施工では塗膜の性能に大幅な違いが出てしまいます。

パターン③ご近所トラブル

パターン③ご近所トラブル

住宅工事はどうしても近隣住民に迷惑をかけてしまうものです。対策をとっていれば避けられる問題もあるので事前に起こり得るトラブルを確認しておきましょう。

臭いや騒音の苦情

外壁塗装はどうしても音や臭いが出てしまいます。塗装前に行う高圧洗浄はそれなりの騒音になりますし、塗料の臭いもひどく換気のしづらい生活を強いられます。隣近所は特にストレスが溜まることでしょう。

しかし工事をする以上しかたのないことですから、関係が摩擦しないように事前に気持ちの良い挨拶をしておくなどの気遣いが大切です。お客様だけでなく工事業者も挨拶に伺えばより良い関係で施工を進めることができるでしょう。

隣家に塗料が飛散してしまった

塗り替え工事をする際は、辺りに塗料や高圧洗浄の飛沫などが飛散しないように足場に養生ネットを張り、自動車など汚れて困るものはビニールなどで養生をすることが一般的です。

この処理が不十分だとお隣の敷地や自動車が汚れてしまい、トラブルに発展してしまいます。業者の配慮次第で避けられる問題なのでしっかり対処してもらいましょう。


家をキレイするのにご近所関係が悪化してしまうと気分もよくありませんよね。大切な我が家で気持ちよく過ごすためにはご近所との関係も大切にしましょう。近隣への配慮が欠けている業者は良い業者とは言えませんが、気配りしてもらうように先回りして一言申し上げることをおすすめします。

良い業者選びで納得のいく外壁塗装を!

建物の塗り替えは十数年に一度。そう何度もすることではありませんが、その数回を成功させたいですよね。高いお金を払って不満ばかりが残っては損をしてしまいます。トラブルを回避するためにはやはり業者選びが一番大切と言えます。

しかしどの業者に依頼すれば良いのか分からない…そんな方は当サイトにお任せください!屋根ットは関東密着型の優良施工業者をお客様に無料でご紹介するサービスを実施しています。当サイトと提携する業者は建築業許可(※)を15業種取得しており、その他国家資格も有している安心の施工業者です。お客様の大切な家を安心してお任せいただけます。

外壁塗装を成功させたいという方は是非ご相談ください。お問い合わせ・ご相談は無料ですので、お気軽にご連絡いただきたいと思います!

※建築業許可…500万円以上の工事をする際に必要な資格。15業種以上取得している業者は全国でも2%しか存在しません。

関連リンク:「減らないリフォーム詐欺!驚きの悪徳業者の手口
      「失敗しない外壁塗装!作業の流れと重要なポイント
      「正体不明のオリジナル塗料には要注意!

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca7k6488
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付