知っておきたいサイディング外壁のリフォーム・メンテナンス

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca7k6911
お電話の際必要です

知っておきたいサイディング外壁のリフォーム・メンテナンス

カテゴリー:外壁

今や外壁材の主流となりつつあるサイディングボードですが、劣化の状態に合わせてメンテナンスの方法やリフォームの工法も考えなければいけません。今回はご自宅の外壁にサイディングボードを使われている方、またこれから検討している方のためにサイディング外壁のリフォームについてご説明します。大切な家をキレイに保つためにもぜひお役立てください。

サイディング外壁のリフォーム

サイディング外壁のリフォームには塗り替えと張り替えの二つの工法があります。タイミングは劣化の進行によって変わりますが、一体どのように違うのかまずは簡単にご説明します。

塗り替えリフォーム

塗装は美観のためだけでなく紫外線や風雨から家を守る役割も持っています。塗り替えリフォームは塗膜が本来持つ防水性や耐候性を取り戻すために非常に効果的です。費用は建物の規模や塗料のグレードにもよりますが、張り替えよりも安価であるため最もお手頃なリフォームと言っていいでしょう。しかし外壁材の損傷が激しい場合はあまり効果がありません。

張り替えリフォーム

既存のサイディングボードを撤去して新しい外壁材に張り替える工法です。この工法ですと外壁材が新しくなるだけでなく下地補修も行えるため外壁が新築のように蘇ります。当然ながら費用は塗り替えに比べると高額になるためそうそう簡単に行えるリフォームではありません。外壁の劣化状態からタイミングを見て行う必要があります。

既存のサイディングの上から新しい外壁材を貼る重ね貼りという工法もありますがこちらは下地材の調整が出来ないという欠点があります。しかし廃材の撤去費用が軽減される、外壁材が重なることで断熱性や遮音性が上がるなどのメリットもありますので、検討されるのも良いでしょう。


※塗り替えリフォームと張り替えリフォームについてもっと詳しく知りたい方はこちら「外壁リフォーム 塗り替えと張り替えどっちが正解?」をご参照ください。

メンテナンス・リフォームの方法は劣化サインを見て決めよう

どの工法で外壁リフォームを行うのかは建物の劣化サインを見極めて決めることになります。最終的な決定は専門家や職人に見て貰って決めるべきですが、おおよその目安にはなるかと思いますのでご覧ください。

洗浄メンテナンスが必要な劣化

  • 汚れ・色褪せ
  • コケ・カビの発生

汚れや色褪せ程度であればメンテナンスを急ぐことはありませんが、コケやカビは放っておくと外壁材の劣化を進行させるので見つけ次第対処しましょう。コケやカビ、汚れを落とすのには高圧洗浄が一番です。しかしサイディングボードに高圧洗浄機を使用すると外壁材まで傷んでしまうことがあります

またサイディングの継ぎ目(ジョイント部分)から水漏れが発生するおそれもあるため高水圧で洗浄することは避けましょう。サイディング外壁の洗浄は中性洗剤を用いてブラシやホースで優しく行うことをおすすめします。

塗り替えが必要な劣化

  • チョーキング現象
  • 錆び
  • クラック(ひび割れ)
  • 塗膜の膨れやめくれ

チョーキング現象というのは外壁を触ると手に白い粉が付着する現象で、塗膜が劣化している表れなので塗り替えの目安になります。その際に錆びやクラックが見つかれば補修処理を十分に行ってから塗り替えをしましょう。補修の跡は目立ちますが、きちんと後処理をして上から塗装をすれば目立ちませんのでご安心ください。

張り替えが必要な劣化

  • サイディングボードの反り
  • サイディングの欠けや割れ
  • 外壁材部分の腐食

塗膜ではなくサイディングボードそのものが劣化し腐食や風化がひどければ塗り替えも意味を成しません。外壁材の寿命がきたということですので、こういった場合は張り替えリフォームが必要です。ここで塗り替えリフォームを繰り返してもすぐに劣化して補修を繰り返し続けることになるため、潔く張り替えリフォームを行った方がかえってお得になるかと思われます。

サイディングボードには窯業系・金属系・樹脂系・木質家など様々な種類があります。詳しくは「どれを選ぶ?サイディング外壁材の種類と特徴」に記載していますので、張り替えリフォームをお考えであればぜひ参考にしてください。

シーリング(コーキング)の打ち替えは定期的に行おう

サイディングボードの継ぎ目にはシーリング(コーキングとも呼ばれる)と言い、気密性や防水性を守るためにゴム状の充填材が施されています。このシーリングは紫外線や風雨に弱く外壁以上に劣化しやすいので既存のシーリングを取り除き新たに充填する打ち替えという施工が必要になります。

シーリングの打ち替えは外壁塗装の際に同時に行われることも多いですが、劣化が早い場合はシーリングのみ先にメンテナンスを行う場合もあります。傷んだシーリングは割れたり外壁から剥離したりして雨水の侵入口となってしまうことも。そうなれば雨漏りの原因となりかねないので、シーリングの点検は5年に一度は必ず行いましょう

※シーリングについて詳しく知りたい方は「シーリングが持つ役割 劣化すると危険!」をお読みください。

劣化状態を把握して無駄のないリフォームを!

サイディング外壁はメンテナンスフリーと謳われた時期もありますが、長い間風雨に晒されればどうしても劣化はしてしまいます。安価であること・デザイン性に長けていること・工期が短いことなど沢山のメリットを持っていますが、それもメンテナンスを怠れば台無しです。

様々な工法が選べるサイディングですが、時期と工法を誤ればかえってお金がかかってしまいます。じっくりと家の劣化状況をチェックして無駄のないリフォームを行いましょう!

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca7k6911
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付