タイルはメンテナンスフリーって本当?外壁リフォームをお考えの方へ

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca7k7018
お電話の際必要です

タイルはメンテナンスフリーって本当?外壁リフォームをお考えの方へ

カテゴリー:外壁

高級感溢れるタイル外壁は耐久性に長けておりメンテナンスフリーと謳われているほどです。しかし本来であれば外壁や屋根にはメンテナンスが必要不可欠です。タイル外壁は本当にメンテナンスの必要はないのか、本当に放っておいて平気なのか、気になりますよね。

タイル外壁は魅力的ですが値が張るため思い切った買い物になります。このページではタイル外壁の持つ性能をご説明しますのでご自宅の外壁がタイル貼りの方、これからタイル貼りを検討される方はぜひ参考にお読みください。

タイル外壁の性能 メンテナンスは必要?

タイル外壁のリフォーム

サイディングやモルタルなど一般的な外壁だと塗装が施されていることがほとんどですが、タイルは耐候性に優れておりあまり劣化をしないため塗装は必要ありません。推奨されているメンテナンスと言えば高圧洗浄ですが、汚れや色あせも目立ちにくいので頻度は格段に抑えられます。

この性質がメンテナンスフリーと言われる理由でしょう。10年に一度は塗り替えが必要なサイディングやモルタルに比べるとメンテナンス費用には大きな開きが出ます

タイルの最大のデメリットと言えば価格です。豪華な外観のとおりタイルを用いた外壁は非常に高額で総タイル貼りにするのであれば数百万円単位で値段が跳ね上がってしまいます。

しかしメンテナンス費用も含めて総合的に考えるとタイルの方が費用を抑えられる場合もあるため、メンテナンスのスケジュールも想定した上で検討すると良いでしょう。

タイル外壁のデメリット

美観も良くメンテナンス費用も抑えられるタイル外壁ですが、いくつかデメリットとして懸念されていることがあります。施工次第では改善できる部分もあるのでおさえておきましょう

サッシ周りや目地はどうしても劣化する

タイル自体が劣化しなくともサッシ周りなどに施工されているシーリング部分が傷んでしまうことがあります。シーリングは5~10年ほどで割れや痩せが発生するためこまめな点検とメンテナンスが必要です。せっかくメンテナンス頻度の低いタイル外壁を選ぶのであれば、シーリングを使用しない工法を選ぶことをおすすめします。

※シーリング…防水性や気密性のために目地などに施されている充填材。コーキングとも呼ばれる。

地震により剥がれ落ちるリスクも

タイルの下地に施工されているモルタルは地震の揺れに弱く、振動でタイルが剥がれ落ちてしまうことがあります。タイルは一枚一枚貼りつけているので仕方のないことですが、近年ではクッション性のある下地が開発されておりそちらを使用することでリスクを軽減することが可能です。

重量があるため建物に負担がかかる

一つではそんなに重さを感じないタイルも壁一面に貼るとそれなりの重量になります。重量がかさむと建物の負担となり耐震性も劣ってしまいますがこれは瓦屋根と同様に家の耐久性を強化することで解決します。タイル外壁にする際は家の強度を確認し、不足しているようであれば耐力壁の増加などを検討する必要があるでしょう。

タイル外壁の工法 乾式と湿式

タイル外壁の工法 乾式と湿式

タイルの施工には乾式湿式の二種類があります。字面からは一体どんな工法なのか全く想像できませんよね。これからタイル外壁にしようとお考えの方は、それぞれのメリットとデメリットをぜひ知っておいてください。

湿式工法

湿式工法は下地に専用のモルタルを塗り整えてタイルを張り上げていく工法です。昔から用いられてきた工法ですが、モルタルを使用するとどうしても重量がかさむことから近年では乾式工法が主流となっています。

乾式工法

乾式工法はモルタルではなくサイディングボードを使用します。施工方法は二つあり、接着剤で直接サイディングにタイルを貼っていく接着貼り工法と特殊なサイディングにタイルを引っ掛けて貼り合わせていく引っ掛け工法があります。

タイルは重量がありますが、サイディングはモルタルに比べると遥かに軽量であるため重さは軽減されます。乾式工法は湿式工法に比べると工期も短く、施工費用も抑えることが出来るため最近は多くの施工店で推奨されています。

タイル外壁は業者選びが肝心!

タイル外壁は業者選びが肝心!

ここまで読んでいただければもうお分かりだと思いますが、タイルの外壁は施工次第で良し悪しが変わるものです。タイルの持つ弱点を理解した上で施工をしなければ他の外壁と大して変わらない性能になってしまい費用ばかりがかかってしまいます。

せっかく豪華なタイル外壁にするのであれば工事を成功させたいですよね。住宅工事が成功するかどうかは業者選びで決まると言っても過言ではありませんので施工店を決めるときはタイル外壁の知識をしっかりと持った業者を選びましょう。

また、地震などの災害対策も進んでいるとは言え日本に住んでいる以上災害による被害は避けられません。大規模な揺れでなくとも度重なる振動で家に生じたひずみが蓄積され建物に被害が出ることも有りますので、地震が起きた後は必ず家の点検をしましょう。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca7k7018
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付