ガルバリウム鋼板への外壁リフォームをお考えの方へ

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca7k7070
お電話の際必要です

ガルバリウム鋼板への外壁リフォームをお考えの方へ

カテゴリー:外壁

今話題の屋根材として注目を浴びているガルバリウム鋼板ですが、屋根だけではなく外壁材としても使用されています。外壁材は家の外観を大きく左右し、更に建物の耐久性にも関わってくる重要なポイントです。ガルバリウム鋼板という新しい素材を自宅に取り入れたいとお考えの方は、ぜひこのページをご参照ください!

ガルバリウム鋼板を用いるときの注意点

ガルバリウム鋼板のリフォーム

インターネットでガルバリウム鋼板を調べると「メンテナンスフリーの高性能建材」と持ち上げられていますが、もちろんセールストークも混じっていることでしょう。特殊な配合で造られたガルバリウム鋼板は他の金属系の外壁材と比較すれば確かに耐久性に長けています。しかし少々癖があるためデメリット部分も知っておかなければリフォームに失敗してしまうおそれがあります。

そこで今回は外壁材としてガルバリウム鋼板を用いるときの注意点についてご説明します。お読みいただいた上で、納得のいく外壁材選びをして頂ければと思います。

※ガルバリウム鋼板の詳しい説明は「人気急上昇中!ガルバリウム鋼板の実態とは」をご参照ください。

夏場は暑いので断熱材が必須

夏場は暑いので断熱材が必須

屋根・外壁の断熱性は夏を快適に過ごすために必要不可欠です。近年は改良が進められていますが、基本的にガルバリウム鋼板は薄い金属板であるため断熱性能を持っていません。そのため地域や施工によっては夏場は室内が暑くなり、非常に過ごしにくいとのことです。

これを改善するためには断熱材を使用することが一番です。正しい施工で外壁に断熱材を取り付ければある程度の暑さは軽減され、際立って目立つほどのデメリットではなくなります。その他にも遮熱塗料を塗布するなどの手段がありますが、ガルバリウムの塗装はコツがいるものですので不慣れな業者に任せないように気を付けましょう。

外観は人によって好みがわかれる

金属素材の見た目は好き嫌いが分かれるところで、下から見えない屋根よりも外壁の方が美観に大きな影響を与えます。ガルバリウム鋼板はモダンデザインによく調和し、若い世代からの人気が高いです。しかし見る人によっては「見た目が倉庫っぽい」などという意見も上がります。

好みばかりは人それぞれですが、事前にサンプルを確認していても実際に外壁全面に貼り終わったのをみると印象が異なるかもしれません。後で後悔しないように、外壁材の選択はシミュレーションを重ねて慎重に行いましょう

塩害のある海岸沿いには不向き

塩害のある海岸沿いには不向き

高い耐久性を誇るガルバリウム鋼板の大きな弱点として塩害があります。潮風が運んでくる塩分は金属に付着すると錆びを発生させます。ガルバリウム鋼板は従来の金属屋根に比べると錆びにくくはなっていますが、塩害の激しい地域ですとあまり意味を成しません。

また沿岸部は台風や竜巻などの風災による影響も受けやすく、薄いガルバリウム鋼板は凹んだり傷ついたりと損傷を受けるおそれがあります。そうすると損害部分から腐食が始まり劣化が進んでしまうことが考えられます。

海岸沿いにお住まいであれば、ガルバリウム鋼板を含め金属屋根を建物に使用するのは避けた方が良いでしょう。

水洗いによるメンテナンスが必要

ガルバリウム鋼板を用いた外壁のメンテナンスは主に洗浄になります。ガルバリウム鋼板は先ほど挙げた潮風や酸性雨に弱いため最低でも1年に1回、できれば半年に1回は水洗いしましょう。ただし高圧洗浄を使用すると外壁が凹んだり傷ついたりする危険があるため、ホースなどを利用して優しく水洗いする必要があります。

施工を間違わなければ高寿命!

これまで注意点を挙げていきましたが、上記の点に気を付けていればガルバリウム鋼板は高寿命な良い建材です。通常のトタン屋根でしたら10~20年程しかもちませんが、ガルバリウム鋼板はメンテナンス次第で30年もつと言われています。

これはどの外壁材でも言えることですが、良い評判にばかり惑わされず弱点も知った上で選びましょう。ガルバリウム鋼板は扱いが難しいため施工実績のある工務店を選ぶ必要はありますが、きちんと理解した上で使用すればきっと良い外壁として活躍してくれるでしょう。外壁リフォームは安い買い物ではありませんから、じっくりと悩んだ上で後悔しないリフォームを実施してください。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca7k7070
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付