違法?合法?正しい火災保険の使い方

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca3k3018
お電話の際必要です

違法?合法?正しい火災保険の使い方

カテゴリー:火災保険の使い方

皆さんのお家は火災保険に入られていますか?火災保険は家が災害や事故で受けた損害に対し補償を受けられる便利な保険です。しかし実際は「被害を受けたら保険を使う」という当たり前のことがあまりなされていないという実情があります。

その原因の一つに、保険は使い方を誤れば詐欺行為に繋がるのでは?という不安を持っている人が多いことが挙げられます。確かに「保険金詐欺」という言葉はよく聞きますね。しかしその不安は保険のことを知らないからこそであり、きちんと知っていれば臆することなく保険を使うことが出来ます。

不当な保険請求はどんなケース?

不当な保険請求はどんなケース?

どういう行為をしてはいけないのか、というのを理解すれば保険を使うことは怖くありません。今回はまず先に保険金詐欺に繋がりかねないやってはいけない不当な行為をお伝えします。

放火・故意の破損

保険金を受け取るためにわざと建物に損害を与えた場合、これは違法行為に当たります。火災保険は突発的に起きた事故・災害にしか適用されない保険ですので、当然支払い対象となることはありません。その他、被保険者(=契約者)が故意に働いた犯罪行為や違法行為が関与している場合は保険の対象外となります。

虚偽の申請

これは保険会社に虚偽の申告をして保険申請をするケースです。例えば自然に劣化した屋根を「台風で壊れた」と言って申請したり、上記と繋がりますが故意に壊した雨樋を事故として申請したりする行為です。

近年では保険会社の不払いよりもこういった保険金詐欺の方が問題視されています。被保険者にその気が無かったとしても、詐欺行為をそそのかしてくる悪質な業者も存在するため気を付けましょう。

焼け太り行為

本来、火災保険は実質的な損失(実損)分しか補償を受けることはできないため、複数の保険会社と契約をしても多く保険金を受け取ることはできません。しかし被保険者が重複契約していることを保険会社に通告せず、複数社から損害額を大きく上回る保険金を受け取ろうとすればそれは「焼け太り行為」となってしまいます。

焼け太りとは、簡単にご説明すると「火事になってかえって儲かってしまうこと」であり、保険会社は認めていない行為です。

違法だと勘違いされがちな行為

NGと勘違いされがちな行為

先ほどの例とは真逆で、本当は許可されているのに違法だと勘違いされている行為も存在します。正しい保険の基礎を知っていれば有事の際も適切な判断ができるため、覚えておきましょう!

過去の損害に対する請求

火災保険は補償の幅広さからあまり内容を理解されていないことが多く、大勢の方が保険の請求漏れをしています。そして後になってから火災保険の中身を知り、「この損害は2年前だからもう請求できない」とがっかりされることがあります。

実は火災保険は保険法により過去3年までの損害でしたら申請が可能です。もう時間が経ってしまったからと諦めずに、まずは申請してみる気持ちが大切です。火災保険は利用することで保険料が値上がりすることもありませんのでご安心ください。

※保険会社によっては会社規定で2年と定められていることもあります。

通告済の重複契約

先ほど重複契約による焼け太りについてお話しましたが、基本的に保険会社に通告していれば問題はありません。火災保険は会社によって補償内容に細かな違いがあるため、万が一に備えて二社できめ細やかな補償に加入しておくことは可能です。しかしその際は二社分の保険料がかかってしまうので、そのこともふまえて検討しましょう。

保険金の使い方

保険会社に損害を認められるとお客様の通帳に保険金が振り込まれます。そこで皆さんが悩まれるのが保険金の使い道です。保険金を他のことに使いたくなったり、別の箇所を先に修繕したいと迷ったりするお気持ちもわかります。これもあまり知られていませんが、下りた保険金の使い方は特別定められていないため、別のことに使用することは違法ではありません

しかし、それはあまり良い選択とは言えません。もし保険が支払われた損害を放置し、そのまま悪化すればもう一度同じ箇所に対して保険を受け取ることはできないからです。そうすると損害箇所から傷みが広がり、家の耐久性が低下するおそれがあります。

もし保険適用箇所以外に早急に直さなければいけない部分があれば仕方ありませんが、下りた保険金は出来るだけ損害箇所の修繕に充てることをおすすめしております。

正しく使おう火災保険

近年は全国各地に悪徳業者が散らばり、火災保険を利用して一儲けしようと好き放題やっています。そのせいで世間でも火災保険に誤った認識やマイナスイメージが印象づいている現状があるのです。悪徳業者に目をつけられ、不正な保険請求をすればお客様も共犯として罪に問われる可能性がありますのでくれぐれもお気を付けください。

本来、火災保険は正しい使い方が広まればとても便利でお得な保険であると言えます。保険料を支払っているのですがから、皆さんは悪徳業者に騙されず、堂々と保険申請できるように心構えをしておきましょう。

もし火災保険をお使いになる機会がありましたら我々がお手伝いします!屋根ットにご依頼頂ければ、建築と保険の両方の知識・ノウハウをあわせもつ優良業者をご紹介いたします。お客様のご自宅に火災保険が適用されるかの調査、保険申請、修繕工事まで一括でお引き受けしますので、気になる損害がおありの方は是非ご相談ください!

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca3k3018
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付