火災保険を使った賢いリフォーム術

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca3k350
お電話の際必要です

火災保険を使った賢いリフォーム術

カテゴリー:火災保険の使い方

マイホームをお持ちの方が一度は考えられる住宅リフォーム。建物は築10年、15年を過ぎたところで劣化や破損が見られ、少しずつ気になる点が出てきます。しかしリフォームは何をするにもお金がかかるもの…そんな費用を保険で安くできたら嬉しいと思いませんか?

火災保険は「家の保険」

火災保険は「家の保険」

そもそも何故リフォームに火災保険が関係してくるのか疑問に思われる方もいるでしょう。火災保険は名前のせいで「火事のときに使う保険」と認識されていることがありますが、実際は少し違います。いくつかの保険会社では「住まいの保険」や「ホームアシスト」といった名称で販売されているように、実際は家全体の損害を補償する保険なのです。

火災保険は「家の保険」

画像引用:東京海上日動火災保険 パンフレットより

このように、火災保険は自然災害による沢山の被害を補償してくれます。四方八方を海に囲まれた日本は気象が激しく、自然災害による被害を受けることは日常的です。しかし多くの人が被災したという自覚が持たず、火災保険のことを知らないため損害をそのままにしていることが多いのです。

火災保険は過去2~3年までの損害であれば補償されるという特徴があります。保険申請は出来るだけ早く報告することが原則ですが、後から見つけた損害でも申請することは可能です。

「リフォームで直そうと思っていた雨樋に保険が適用された!」「保険が適用されて屋根修理が安くなった!」そんなことがあればとてもラッキーだと思いますよね。しかしこれは「ラッキーなこと」ではなく「至極当然のこと」なのです。

火災保険を利用したリフォーム例

火災保険を利用したリフォーム例①

例えばここにリフォームを考えているAさんという人が居たとします。Aさんが住んでいる家は築15年でところどころ破損がみられるので、これを機にリフォームを検討しています。内容は屋根の塗装と破損した雨樋の修理を希望していましたが、工事業者に屋根瓦が数枚割れていると指摘され瓦の差し替え工事も追加になりました。

火災保険を利用したリフォーム例①

しかしリフォーム前に火災保険のことを知って申請した結果、瓦の割れと破損した雨樋に保険が適用されることになりました。保険金が下りたことにより何とリフォーム費用の半額が浮き、このまま安価で修繕するのもよし、他の箇所のリフォームを追加するのもよしでAさんのリフォームは大きく幅が広がったのです。

火災保険の応用術

更に火災保険には保険金の使い道が制限されていないという特徴があります。ですので、保険金が下りた損害箇所を直さなくても違法ではなく、別の箇所の工事費用に充てることも可能です。

ただし、気をつけた頂きたいのは火災保険は自然な劣化である経年劣化には適用されないということです。保険が下りた損害をそのままにして雨漏りなどが始まってしまった場合は経年劣化と判断され、その後は補償の適用外となります。ですので、優先順位はあるとは思いますが火災保険が下りた箇所は早めに修繕をしておく必要があります。

※建物の損害を放置すると雨漏りや耐久性の低下などの二次被害に陥ります。出来るだけ早めの修理を心がけましょう。


更に火災保険には申請をしても保険料が上がらず、申請した結果保険が下りなくてもペナルティーもないという強いメリットがあります。リフォームと一緒に火災保険の申請も行う、これが賢いリフォーム術なのです。

リフォーム×火災保険は違法?合法?

リフォーム×火災保険は違法?合法?

これまで火災保険を使ったリフォーム術の説明をしましたが、驚くことに「リフォーム 火災保険」でインターネット検索をすると、詐欺や悪徳業者についての注意喚起のページが出てきます。元より日本では「何となく保険は使いづらい…」というような意識を持った人が多いのですが、これではより一層保険申請を遠ざけてしまいます。

一体何故このような状況が出来上がっているのでしょうか。実は、一部の悪徳業者がお客様や保険会社を騙すような火災保険の使い方をしていることが問題になっているのです。

卑劣な詐欺業者が悪評の原因

卑劣な詐欺業者が悪評の原因

詐欺業者のやり方とは、経年劣化だとハッキリわかる破損を自然災害だと偽って申請をしたり、屋根に損害がなかったのに調査のときにこっそり屋根を壊したりとやりたい放題です。そしてお客様から大金をせしめて、自分たちは甘い汁を吸う…。当然このようなことはあってはいけないのですが、違法行為をはたらく業者は至るところにはびこっているというのが現状です。

しかし、だからといって火災保険を使うことがすべて悪いという認識も間違っています。冒頭で火災保険の認知度が低いと述べましたが、それには「火災保険は契約者側が申請しなければ一銭も支払われない」「大災害でもないと保険会社からの通告は一切ない」という事実が関係しているのです。このまま火災保険が使われずして破損を抱えた住宅が増えていくのは正しいことではありません。

安くリフォームをしたいがため、建設業者が甘い汁を吸いたいがために不当な保険金請求をすることは当然違法です。しかし、本来は保険の対象と成り得る損害を実費で直している方が多いというのも十分おかしなことだと思います。現代には正しい火災保険の知識を保険契約者に伝える存在が必要です。

屋根ットにお任せください!

屋根ットにお任せください!

そんな現状を私たち屋根ットは変えていきたいと思っています。屋根ットにご相談された方には、建築だけではなく火災保険の知識も持った優良業者を紹介します。提携業者はトラブルを避けるためにも、正当性を持った保険申請しかしないとお約束いたします。

そのため損害が保険申請の対象外であれば、正直にお客様にお伝えします。残念な顔をされる方もいらっしゃいますが、お客様に詐欺行為の片棒を担がせる気は一切ございません。更に調査時の立ち会いの徹底や、事細かな事前説明など入念な対策をとっています。それもすべてお客様のリフォーム工事をお守りするためです。

家のリフォームをお考え中で、火災保険の申請も検討されている方は屋根ットに任せてみてはいただけませんか?お客様がご安心できる工事を提供いたします。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca3k350
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付