間違われやすい?火災保険と地震保険の違い

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca3k378
お電話の際必要です

間違われやすい?火災保険と地震保険の違い

カテゴリー:火災保険の使い方

火災保険は火災の他にも風災や雪災、水災など様々な自然災害を補償する保険です。ところが、実は地震・津波・噴火などの一部の自然災害は火災保険ではなく、火災保険に付帯させる地震保険に加入していなければ補償を受けることができません

火災保険と地震保険の内容は間違われやすいのですが、本質は全く異なるものです。今回は地震保険を中心に据えて、この二つの保険の違いを比較して見ていきましょう。

火災保険と地震保険 その違いとは?

火災保険と地震保険の違い

火災保険と地震保険はざっと比べるだけでもこんなにも違いがあります。これらの区別がついていなければ万が一のときに大目玉を食らってしまいますから、一番上から順を追って説明いたします。

運営方式

運営方式

民間の保険会社が運営・販売をする火災保険とは違い、地震保険は国政府が関与している特殊な保険になります。地震・津波・噴火などの天災は被害総額が莫大になるので、この運営方式は保険会社が破綻してしまうリスクを回避するためとも言えます。地震保険はある一定の損害額を超えると政府が支払いを負担すると定められているのです。

そのため、火災保険は保険会社によって補償内容やオプションが豊富で特徴がありますが、地震保険はほとんど変わらないと言っても過言ではありません。もちろん補償内容が一緒なのですから、保険料も一律です。(※)

※近年は地震保険にも少しずつ自由化してきており、保険会社ごとのオプションは生まれ始めているようです。

補償内容

補償内容

地震保険の補償内容は地震・津波・噴火によるものとシンプルです。ただしご注意頂きたいのは、地震を起因とした火災(地震火災)は火災保険ではなく地震保険だということです。「火災事故はすべて火災保険」と思われやすいのですが、火災保険では「地震・津波・噴火を起因とした損害」はすべて対象外になります。この事実は阪神淡路大震災のときに波乱を呼び訴訟にまで発展する大きな問題となりました。

他にも津波被害を火災保険の水災補償の対象と間違われることがあります。損害保険の補償内容は「何が原因であるか」という部分が重要になってくるため、そこだけは押さえておきましょう。

保険金額は30~50%まで

保険金額

最初にも述べましたが、地震保険は火災保険を主契約としてセットで加入することになります。火災保険はご契約時に建物の価値である評価額に基づいて保険金額を決めるのですが、地震保険はその30~50%でしか契約できないことになっています。

これも地震という強大な損害に対して、保険会社や政府の金銭的な破綻を防ぐための対策だと言えるでしょう。しかし、これでは被災時に満足する保険金を受け取ることができません。火災保険や地震保険は重複して加入しても意味がないため、この不足分をカバーするために地震補償保険Ristaや地震補償イグラッドなど、従来の損害保険と異なる独自の補償に加入している人もいます。不安な方はご検討されても良いでしょう。

保険金の支払い基準

保険金の支払い基準

地震保険の支払い基準は「地震保険損害認定基準」に基いて定められます。これは地震保険独自の基準で、外壁や屋根・基礎部分などの主要構造部にどれだけ損害を受けているかという点が重要になってきます。火災保険でしたら実際に受けた被害を参考に損害額を支払いますが、地震保険だとその認定基準から損害の程度を割り出し、「全損」「半損」「一部損」という三つの区分で支払われる保険金が決まります

  • 全損→保険金額の100%が支払われる。
  • 半損→保険金額の50%が支払われる。
  • 一部損→保険金額の30%が支払われる。

この支払い方法は実際の被害状況と支払われる保険金が見合わないという意見もあり、2017年1月に予定されている地震保険料値上げに伴い四つの区分に変更されるとのことです。

万が一のときに備えて

これまで火災保険と地震保険の違いをざっと見ていただきましたが、違いがお分かり頂けたでしょうか?火災保険に比べると様々な制約のある地震保険ですが、地震等の被害から家を守るためには必要なものです。

ところがここまで重要な地震保険も、「加入しているのかわからない」という方が大勢いらっしゃいます。それも火災保険に付帯させるという形態が原因だと思うのですが、万が一のときに対応できるように加入している保険をしっかり把握しておくことが大切です。

また、日本では日常的に地震が発生しています。地震は震度4から住宅に被害を与えるとされているため、もし家に何か損害がありましたら地震保険をきちんと利用しましょう。

地震保険の調査も受け付けています。

当サイトの提携会社には火災保険だけではなく地震保険の損害調査・申請もできる調査員が揃っています。ご自宅にヒビ割れなどの損害がありましたら、是非屋根ットにご依頼くださいませ。損害に対して火災保険と地震保険どちらの対象となるかお調べし、保険金が下りれば安価または無料で修理工事を行うことが可能です。

いつ来るかわからない地震に対して、家は万全の状態にしておく必要があります。「この損害ってもしかして…」と少しでも思った方は、お早めにご相談ください。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca3k378
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付