火災保険の「建物」と「家財」とは?

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca3k430
お電話の際必要です

火災保険の「建物」と「家財」とは?

カテゴリー:火災保険の使い方

火災保険の補償内容には「建物」と「家財」という項目があります。これを理解せずに契約を交わしていると、有事の際に保険金が支払われないなどのトラブルに発展するため、しっかり把握しておくことが大切です。特に気にしないで契約をしてしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は火災保険における建物と家財の違いをご説明しますので、ぜひ参考にしてください。

建物と家財って何?

建物と家財って何?

火災保険では建物と家財の二種を分けて保険をかけることができます。建物とは文字通り「契約の対象となる建物本体」、そして家財は「契約対象の建物に収容されている衣類や家具・電化製品などの日用品」のことを指します。

多くの補償内容が用意されている火災保険ですが、例えば風災補償は建物のみ、水災補償は家財のみ、という風に取捨選択して契約することができるのです。家財は家財保険という単独の保険があると勘違いされがちですが、火災保険の中に家財の選択肢が含まれるということになります。

このことを把握した上で契約を交わしていれば良いのですが、分からないままだといざというときに「あなたは建物にしか保険をかけていないため、家財は補償されません」という事態が起きかねません。万が一火災事故で全焼でもすれば、家財のほとんどが焼き尽くされてしまうでしょう。どういう契約になっていたか思い出せない人は今一度補償内容の確認をしてください。

建物付属物とは?

建物付属物とは?

建物の他に「建物付属物」というものもあります。これは建物本体ではなく、敷地内にある門・塀・垣や車庫・カーポート・倉庫、そのほか畳・建具などのことです。建物付属物は基本的に建物の中に含まれるものとして取り扱っている保険会社が多いですが、契約から除外できる場合もあります。

しかし建物に被害を受けた場合は、その周辺の付属設備にも損害が出る可能性があると考えても良いでしょう。何か理由がない限りは一緒に契約しておいた方が安心です。特にカーポートは雪害の、物置は風災の被害を受けるケースが多いため、付帯させておくことをおすすめします。

賢い保険契約をしよう

賢い保険契約をしよう

今回ご説明した内容を理解した上で、建物・家財の補償を取捨選択するという手もあります。「台風だと家財は被害を受けないだろうから、風災補償は建物のみ契約をします」といった具合ですね。しかし家財の総額は思った以上に高額である場合が多く、万が一すべてを失えば数百万円の損害となってしまいます。そのことを十分にふまえて補償内容を見直した方が良いでしょう。

当サイトでは火災保険を利用した修繕サービスを提供しておりますが、ご相談いただく中にも「補償されない契約内容になっていた…」というお声が寄せられることがあります。何となく保険契約を交わしていた方は、この機会にご自宅の保険契約を見直してみてください。

保険を把握し、いらない物を削り、必要なものだけ付帯する。そうすることが安い保険料で適切な補償を受けることができる保険契約の秘訣です。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca3k430
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付