雨漏りは保険で補償されるの?火災保険のホントの話

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca3k4647
お電話の際必要です

雨漏りは保険で補償されるの?火災保険のホントの話

カテゴリー:火災保険の使い方

検索エンジンで「雨漏り 火災保険」と調べると、「雨漏りは火災保険で補償されるのか」というテーマについて賛否両論の様々なページが出てきます。住人が気づかないうちに家を腐らせる厄介な住宅トラブル雨漏り。保険で直せたらどんなに良いことかと思いますが、実際のところはどうなのでしょうか?

ネットでも盛んに議論が行われている雨漏りと火災保険の関係性について、今回は皆さまが気になっている正解を詳しく解説します。

雨漏りと火災保険の関係性

雨漏りと火災保険の関係性

雨漏りと火災保険について意見が分かれてしまうのは、どちらかに決めつけてしまおうとするのが原因でしょう。正しくは「火災保険で補償される雨漏り」「火災保険で補償されない雨漏り」の二種類があるというのが正解です。ではその二つにはどのような違いがあるのでしょうか?

「火災保険で雨漏りは直せない」派の意見

まず「雨漏りを火災保険で直すのは不可能だ」という人々の意見ですが、これにはいくつかの根拠があります。

一つ目は、雨漏りの原因の多くが経年劣化によるものだからです。屋根や外壁が長年の消耗に伴い劣化し、そこから雨水が浸み込んだというケースですね。火災保険は経年劣化を補償の対象外としており、そもそも屋根や壁面からの雨水の浸み込み、扉や窓の隙間からの吹き込みなどは被害として認められないようになっています。

こられのことから当然雨漏りは火災保険の対象外である、これが否定派の意見です。

「火災保険で雨漏りは直せる」派の意見

否定派の意見を聞くと、「雨漏りが補償されるという話は嘘なのだろう」と思う人もいるでしょう。しかし火災保険が適用される雨漏りがあるということも事実です。それは雨漏りの原因が自然災害であった場合です。

火災保険は火災だけではなく、落雷・風災・雪災・ひょう災・水災など様々な自然災害による損害が補償されます。例えば台風によって屋根瓦が飛ばされたり、積雪によってベランダの庇が破損すれば保険金を受け取れるということです。

では考えてみましょう。もし雨漏りの原因が台風による屋根の破損であったり、積雪によるベランダの破損であったりした場合はどうなるのでしょうか。もちろん火災保険が使えるということになるのです。

被害の原因を探ることが大切!

被害の原因を探ることが大切!

簡単にまとめると、単純に劣化が原因である雨漏りは補償を受けることはできず、自然災害が原因の雨漏りは補償を受けることができるのです。損害保険は申請を受けた損害に対して、本当に支払い事由のある損害なのかということを重視します。申請されるがままに保険金を支払っていれば保険会社は倒産してしまうので当然と言えば当然です。

そのため火災保険を申請する際にはどういった理由でどういう被害を受けたかということをきちんと証明する申請をしなければいけません。それが保険会社に適切に伝わるかどうかで下りる保険金が大きく変動することも有り得ます。

雨漏りを見つけた際はまずその理由を調べることが先決です。雨漏り被害に対して火災保険が支払われる可能性がゼロでない以上、その可能性にかけて積極的に調査を行いましょう

損害調査は屋根ットにお任せください!

建物の損害調査は思っているより困難です。慣れない高所に上るのは危険ですし、損害の原因が一体何であるかは素人では判別がつきません。損害調査を正確に行うためには専門の調査員が必要になります。

もし建物の損害調査、そして修繕工事をお考えの方は屋根ットにお任せください!屋根ットに工事をご依頼いただくと、建物の損害に対して火災保険が適用されるかどうかの調査を無料でサービスしています。更に煩雑な保険申請もお任せいただけるので、お客様にお手間をとらせず安価な工事をご提供することができます。

まずは詳しい話が気になるという方も、相談無料ですので是非お気軽にお問い合わせください!

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca3k4647
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付