貰える保険金が変わる!?費用保険金とは

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca3k592
お電話の際必要です

貰える保険金が変わる!?費用保険金とは

カテゴリー:火災保険の使い方

皆さまは火災保険の保険金には「損害保険金」と「費用保険金」の二種類があることをご存知でしょうか?火災保険では同じ内容の事故、同じ補償でもある一部のオプション次第で支払われる保険金の金額が変化します。このことを知らなければ、いざというときに満足のいく保険金が受け取れないこともあります。万が一に備えて今回は損害保険金と費用保険金の違いを学びましょう。

損害保険金と費用保険金とは?

損害保険金と費用保険金とは?

まずこの二つの言葉を説明いたしましょう。損害保険金とは、建物や家財の損害に対して支払われる保険金で、費用保険金とは災害・事故で発生した諸費用に対して支払われるものです。

世間一般で保険金と認識されているのは「損害保険金」であると考えていいでしょう。では費用保険金とは何なのか、一体どういう事柄に対して支払われるのか疑問に思われますよね。火災事故を例として簡単にご説明しましょう。

火災事故での保険金の支払われ方

火災事故での保険金の支払われ方

例として、Aさん一家のご自宅が全焼したとします。火災保険に建物・家財ともに適切な保険金額で加入していたAさんは、家を再建し家財を買い戻すだけの保険金を受け取ることができました。これが損害保険金に当たります。

では家を建て直すとして、それまでの住まいはどうするでしょうか。親戚や知り合いの家に身を寄せても食費や光熱費などがかかりますし、ホテルを利用すれば宿泊代が発生します。また、家を再建するにしても燃え尽きた残骸はどうすべきでしょう。当然撤去する必要がありますが、そちらにもお金がかかります

普段はあまり思いつきませんが、いざ事故に遭った際は思った以上にお金がかかってしまうのです。そういった諸費用を補償するのが費用保険金というオプションになります。

費用保険金の種類一覧

費用保険金は「諸費用を補償する」という大まかな内容のように、多種多様なものが用意されています。保険会社によって名称や内容が違ったり、取り扱われていないこともありますので今回はあくまで代表的なものをいくつかご紹介します。

臨時費用保険金

この保険金は使い道が定められていないので、自由に使用することが可能です。先ほどご説明したようにホテルの宿泊代や食費・光熱費にあてることも可能ですし、極端に言えば娯楽に使っても問題はありません。支払われる金額は損害保険金の1~3割としている保険会社が多いため巨額というわけではありませんが、何かと使いやすい見舞金のようにとらえておくと良いでしょう。

残存物取り片づけ費用保険金

火災や自然災害などで被害を受けた建物のがれき・焼け残りなどの残存物を片付ける費用になります。残存物を放置すればご近所にも迷惑をかけてしまうため早急に片付けたいところですが、業者に依頼するとそれなりの額になるため頼もしいオプションです。こちらは実費、または損害保険金の10%と定めている保険会社が多いようです。

地震火災費用保険金

実は同じ火災でも、地震が原因となる火災(通称:地震火災)は火災保険の対象外となってしまうのです。そのため地震火災が発生した際は地震保険に加入していなければ補償が支払われないのですが、このオプションをつけておくと5%ほどの保険金が支払われます。ただし「地震を起因とした火災」にしか支払われないため注意しておきましょう。

失火見舞保険金

日本は「失火責任法」という法律により、火元は近隣に類焼被害を与えても重大な過失がない限り賠償責任を負わないと定められています。だからといって、それでは気持ちが落ち着かない方もいらっしゃいますし、被害を受けた類焼先も納得がいかないでしょう。そういった感情的な面を考慮して、賠償責任の有無に関係なく被害を受けた類焼先にお渡しする見舞金がこの失火見舞保険金です。

支払われる金額は損害保険金の20~30%を限度とし、20~30万円程度が一般的です。類焼問題は近隣トラブルに発展し引っ越しをよぎなくされるケースも多いため、マイホームにお住まいの方は特に検討した方が良いでしょう。

損害防止費用保険金

事故の発生・拡大を防止するために使用された費用に対して支払われます。消火活動にかかった費用などが対象となります。

費用保険金を上手く使おう

費用保険金を上手く使おう

火災保険の補償内容は複雑で、費用保険金まで把握しているご加入者様は非常に少ないです。ですが費用保険金を計画的に付帯させておくことで、万が一の費用を浮かせることができます。屋根ットにご依頼いただいたお客様も、「保険金がちょっと多めに支払われてる!ラッキー!」と嬉しそうに仰られる方がいらっしゃいますが、それは大体費用保険金のことです。

逆に言いますと、必要のないオプションを補償内容から外すことで保険料の削減をすることも可能です。保険はなんとなく契約してそのままにしてしまっている人が多いですが、必要なものと不要なものを取捨選択すれば家計が楽になり、万が一のときも満足のいく保険金を受け取ることができます。

面倒に思うのはそのときだけです。保険は数年おきにきちんと見直しをして、適切なご契約内容を保ちましょう。そうすることで事故・災害などから家を守ることができます。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca3k592
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付