地震保険の基本を知ろう~申請から支払いまで~

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca6k3214
お電話の際必要です

地震保険の基本を知ろう~申請から支払いまで~

カテゴリー:災害情報

自動車には車両保険、ご自身には健康保険や生命保険があるように、家にも保険があることをご存知でしょうか?火災や自然災害、突発的な事故な補償する「火災保険」、そして地震・津波・噴火などの天災を補償する「地震保険」。この二つが家を守る保険です。

今現在、熊本を中心として九州地方を大きな地震が襲っています。こんなときだからこそ、地震保険の知識をつけて自然災害から家を守る術をつけましょう。

地震保険とは?

地震保険とは?

冒頭でもご説明したとおり、家を守る保険は二種類あります。地震保険は火災保険が支払い対象外としている地震・津波・火山噴火などの大規模な自然災害、所謂天災を補償する保険です。民間企業の運営する火災保険とは違い、地震保険は国と企業が協力して運営しているため大きな災害の補償も補える仕組みになっています。

地震火災は「地震保険」

ここで間違われやすいのが、地震火災の扱いです。「火事なら火災保険でしょう?」と思われる方が多いですが、地震を起因とした火災は火災保険ではなく地震保険で支払われることになります。

また、熊本地震の影響で九州各地で土砂災害が発生していますが、この場合の土砂災害も火災保険の水災補償ではなく地震保険での対応となります。保険はどのような経緯で損害が発生したかということが非常に重要ですので、様々な災害の可能性を考えて加入しなければいけませんね。

火災保険と地震保険の詳しい比較は「間違われやすい?火災保険と地震保険の違い」でご説明しています。

保険申請の流れ

保険申請の流れ

それでは実際に保険申請をする際はどういった流れになるのか簡単にご説明したいと思います。これから申請をお考えの方は是非参考にしてください。

①保険申請の前準備

保険を請求する際は被害の程度を保険会社に知らせる必要があるため、部屋の片づけをする前に写真を撮っておいてください。被害状況を残しておくことが最も実害が伝わるでしょうが、損壊箇所は放置するのは危険でそうも言ってられません。デジカメやスマートフォンのカメラでも問題ありませんので、撮影を忘れないようにしましょう。

写真は公的支援の基準となる「り災証明書」の申請にも必要です。場合によってはり災証明書は地震保険申請の助けになることもありますので、申請しておくことをおすすめします。

②現地鑑定

余震や二次災害のおそれが無くなり、生活が落ち着きを取り戻したら地震保険の申請をしましょう。地震保険は鑑定人による特殊な損害認定が必要になります。チェック項目に基づいて支払われる保険金の金額が決定します。

認定基準は以下の三つに分かれます。

  • 全損:地震保険の保険金額の全額(100%)が支払われます。
  • 半損:地震保険の保険金額の50%が支払われます。
  • 一部損:地震保険の保険金額の5%が支払われます。

地震保険は火災保険と違って実質的な損失に沿って支払われるわけではありません。この基準は一部損と半損の差が大きく問題になっていたことから、2017年の保険料改定に合わせて4段階に変更されることが決まっています。鑑定結果が明らかに被害に見合ってない場合は再鑑定を依頼することも可能です。

③保険金の受領

鑑定が終了し、保険会社に認められれば保険金が支払われます。通常の損害保険であれば保険金が支払われるまでには1~2ヶ月ほど、長くて3カ月ほどかかります。しかし大震災の場合はこれに限らず、行政からの指示で早急に支払いが行われることがあります。

また、被害の大きかった地域は丸ごと全損地域として指定される場合があります。全損地域に指定されれば鑑定を行わずして保険金を受け取ることが出来ます。これは災害時の保険金支払いを迅速に行うための対策となっています。

保険証券を紛失した場合

保険証券を紛失した場合

被災した際に保険証券を紛失してしまった方もいらっしゃると思いますが、焦らなくても大丈夫です。保険契約は保険証券を失くせば無くなるわけではありません。緊急時には、下記のような本人確認の出来るものがあれば保険金の請求をすることが可能です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 証明書類
  • 住民基本台帳カード

生年月日や顔写真が記載されているものが望ましいでしょう。もし平常時に紛失された場合も再発行が可能ですので、お早目に保険会社の窓口にお問い合わせくださいませ。

家を守ることは命を守ること

家を守ることは命を守ること

多くの人々が被災されて未だに余震や二次災害、エコノミー症候群などの恐れで極限状態を強いられています。最も大切なのは身の安全ですが、家を守ることは命を守ることに繋がります

東日本大震災でも、貴重品を取りに戻ったり家のことが心配で戻ったりして犠牲になった人たちが居ました。人間は緊急時でも、どうしても未来のことを考えてしまうことがあります。万が一のときに保険金が下りるという事実があれば気持ちにも余裕が生まれるでしょう。

また、被災した後も多大なストレスを感じて病にかかってしまうことがあります。そういったストレス軽減のためにも、保険は大きな役割を持ちます。

非常事態に金銭面だけではなく精神面も支えてくれるのが保険です。被災された方はしっかり保険申請をして、生活再建にお役立てください。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca6k3214
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付