南海トラフ地震とは?巨大地震の脅威と対策

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca6k4043
お電話の際必要です

南海トラフ地震とは?巨大地震の脅威と対策

カテゴリー:災害情報

南海トラフ巨大地震」テレビやニュースで一度はこの言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。30年以内に必ず起きると言われている巨大地震であり、死者は最大32万2000人、全壊家屋は238万棟を超える未曾有の大災害になると想定されています。

災害に備えるためにはまずはリスクを知ることが大切です。今回はそう遠くない未来で起こる大震災に備えて南海トラフ巨大地震について知りましょう。

南海トラフ巨大地震とは?

南海トラフ巨大地震とは?

「トラフ」は細長い海底盆地、簡単に言うと溝のことを指します。南海トラフというのはフィリピン海プレートとユーラシアプレートの衝突地点に存在し、これが震源となる地震のことを南海トラフ地震と呼ぶのです。

南海トラフを震源とした地震は、約90~150年の間隔をもって定期的に発生しています。この周期を元に行われた計算により30年以内にマグニチュード9の威力を持つ南海トラフ巨大地震が起こるということが分かっているのです。確率は60~70%とのことですが、明日起きる可能性だって0ではありません。

これに対しては政府も研究と対策を重ねていますが、マグニチュード9の地震が日本を襲うと一体どうなってしまうのでしょうか。

想定されている被害 全壊家屋は238万棟超

想定されている被害。全壊家屋は238万棟超?

南海トラフ巨大地震で死者は最大32万2000人にのぼり、その内10万9000人は静岡県で出るとのことです。更に7割が津波による死者で、シミュレーションでは日本列島全域に津波注意報・津波・警報・大津波警報が出されることが想定されています。

更に内閣府は建物被害は全壊だけでも約238万棟となると発表しました。東日本大震災では12万1000棟、阪神・淡路大震災では10万棟、熊本地震では1500棟と考えると、これがどれほど甚大な被害であることかお分かり頂けるかと思います。

例え無事に避難できて命が助かったとしても、住む家がないとなると多くの人がつらい生活を強いられます。そうならないためにも、将来を見据えた防災対策をとる必要があります。

今できる防災対策

一般的な住宅であれば、南海トラフ巨大地震を受ければたちまち損壊してしまうでしょう。少しでも被害を留めて生活再建を目指すためには、事前に建物の状態を整えておくことが大切です。

修繕・耐震工事

まずは建物の耐久性を高めることが一番です。家の損害を放置していたり、劣化をそのままにしている場合はただちに修繕しましょう。損害は放っておくと被害が進行して建物の耐久性を低下させます。特に基礎部分や外壁・屋根の損害には注意しましょう。

また、国をあげて推奨されている耐震工事は地震に最も有効にはたらくと言えるでしょう。家を丸々耐震工事することが難しい場合は、一室補強からご検討ください。特に地震が深夜にきた場合に死傷率の高くなる寝室から対策していくことをおすすめします。

その他にも固定金具やガラス飛散防止シートなどの耐震用品を利用して家具の転倒の危険度を下げるのも効果的です。家の耐震対策としてやれることは沢山あるので出来ることから徐々に強化させていきましょう。

地震保険

地震保険は地震・津波・噴火とそれらを原因とした災害による被害が補償される保険です。以前は知名度が低かったものの、阪神・淡路大震災、東日本大震災、熊本地震など相次ぐ大震災の影響で近年は注目度が高まっています。地震保険は火災保険に付帯させることで加入することができます。皆さまはご加入されていますでしょうか?

実際の損失(実損)額が支払われる火災保険と違い、地震保険は家の価値の30~50%でしか契約できなかったり補償の規定が厳しかったりで敬遠されていることもあります。しかし、過去の震災でも地震保険はきちんと支払われているのでいざというときの強い味方になるでしょう。

地震名 発生年月日 支払保険金
熊本地震 2016円4月14日 約1230億円(5/19時点)
東日本大震災 2011年3月11日 約1兆2346億円
阪神・淡路大震災 1995年1月17日 約783億円

上記は過去の大震災で支払われた保険金の額です。支払額には当時の保険加入率が関わっていますし、熊本地震はこれから更に増えるでしょう。

「保険に入っててもどうせ保険金は下りない」と思われている方は非常に多いです。しかし地震保険は政府が協力して保険金支払いを担うため、万が一保険会社が破綻しても心配することはありません。震災当初は混乱状態でスムーズな支払いが難しいかもしれませんが、状況が落ち着けば保険金が支払われる保証があるので安心して加入することができます。

先を見据えた防災をしよう

先を見据えた防災をしよう

過去の大震災では多くの人々が家屋の倒壊や家具の転倒で亡くなっています。熊本地震では逃げ延びたものの、家を直す費用がないと途方に暮れる人々の姿も見受けられました。対策は目先のことだけではなく、先のことまで考えてこそ防災と言えます。

家を強化することは自分、そして家族の安全に繋がります。今自分が住んでいる家がどれくらいの強度なのか、一度専門家による耐震診断を受けてみることをおすすめします。もちろん家のことだけではなく、避難所の確認や非常用持ち出し袋の用意、日々の備蓄など出来ることはどんどん進めておきましょう。

とは言え建物の修繕費用やリフォーム費用を捻出するのはそう簡単なことではないと思います。少しでもお安く工事がしたいという方は、屋根ットにご相談ください!ご自宅の損害や傷みが自然災害の場合は火災保険や地震保険が利用できることがあります。当サイトでは損害が保険適用となるかの調査、更に保険の申請までを無料でサービスし、建物の修繕費用に充てるサービスを行っています。

建物の損害調査から修繕工事まで一括でお任せ頂けて、更に保険金を利用することでお安く工事ができるので安心です。まずは相談だけでも、という方もお気軽にお問い合せくださいませ!

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca6k4043
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付