台風シーズン前に知っておきたいマンションの防災対策

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca6k5726
お電話の際必要です

台風シーズン前に知っておきたいマンションの防災対策

カテゴリー:災害情報
台風シーズン前に知っておきたいマンションの防災対策

戸建てに比べるとマンションは災害に強い造りになっていますが、全く被害を受けないわけではありません。特にここ数年は地球温暖化や異常気象の影響で勢力の強い台風が多く、毎年どのような被害を受けるのか想像できなくなっています。

またマンションには集合住宅ならではの問題があり、油断していると大きなトラブルに繋がるおそれがあります。台風シーズンが来る前に対策を予習しておきましょう!

マンションの台風対策はベランダを重点的に!

マンションは戸建てに比べると自室の露出部分が圧倒的に少ないため、各部屋は被害を受けづらいと言えます。しかし、唯一分かりやすく外に露出している部分がありますよね?そう、窓やベランダです。

窓ガラスの対策

窓ガラスの対策

まず一番に対策を取りたいのは窓ガラスです。窓ガラスは強風でしなったり飛来物が飛んで来たりと最も破損する危険性が高い箇所と言えます。窓ガラスが割れると室内に雨が吹き込んで家財が濡れてしまいますし、修理費用も安くはありません。怪我をする可能もあるのでしっかりと対策をとっておきたいところです。

窓ガラスに有効なのは以下の対策です。

  • ガラスの内側に布製のガムテープや養生テープを貼る。
  • 段ボールをテープで貼り合わせる。
  • 窓ガラス飛散防止シートを貼る。
  • カーテンを閉めておく。

最も簡単な方法はガムテープや養生テープを貼ることですね。しっかりと雨戸を閉めた後に内側から×印になるように張りましょう。養生テープはホームセンターなどで販売されており、ガムテープよりも粘着性が弱く剥がしやすいという利点があります。

ガムテープを使用した後に窓ガラスがべたべたしないか心配な方もいらっしゃいますよね。そんなときは段ボールを貼り合わせることをおすすめします。段ボールの上からテープを貼ることでテープの接着面積が少なくなりますし、ガラスの飛散防止にもなります。

飛散防止シートは専用のものが売ってありますので、そちらを貼っておくことが一番安心出来るでしょう。台風の多い地域にお住まいの方はぜひおすすめします。

ベランダの対策

ベランダの対策

外部にむき出しになっているベランダですが、意外と災害時にそのまま放っておかれている方が多いです。しかしベランダの対策を怠っていると思わぬトラブルに繋がる可能性があります。

ベランダには以下の対策をとっておきましょう。

  • 物干し竿や鉢植え、プランターなどを室内に移動させる。
  • 洗濯機をおいている場合は水を溜めて蓋が開かないように袋をかぶせて固定する。
  • 排水溝のつまりを確認し、必要であれば掃除をしておく。

台風や竜巻などの風災の際に最も気を付けなければいけないのが飛来物です。ベランダに置いてある物干し竿や鉢植えなんかは強い台風がくると簡単に飛ばされて危険物になってしまいます。飛来した先で車や家屋にぶつかったり、ましてや人にぶつかったりすると大きなトラブルに発展しかねません。大事になることを考えて室内に保管しておくと良いでしょう。

また、ご家庭によっては洗濯機をベランダに置いていることもあるかと思います。その場合は洗濯機いっぱいに水を溜めて重量を増やせば簡単に吹き飛ばされないようになります。更にゴミ袋などで上から覆い固定することで蓋が開かないように防止できます。

ベランダの排水口はゴミや枯れ葉が溜まっていないかよく確認をしてください。もし排水口が詰まっていれば、水が溢れて階下に水漏れ被害を与えるおそれがあります。水漏れは住宅トラブルの中でも厄介な問題ですから忘れないようにしましょう!

台風被害は火災保険で直せる可能性あり!

台風被害は火災保険で直せる可能性あり!

災害という予期せぬ出来事で家が壊れると補修工事が憂鬱になりますよね。そんなときは火災保険の風災補償が使える可能性があります。

マンションの場合は入居者が自分の部屋となる専有部分に、そして管理組合が廊下・エントランス・ベランダ・階段といった共用部分に保険をかけることになっています。マンションの規約によって共用部分と専有部分の範囲が変わってくることも有りますので、火災保険を利用する際は一度相談をした方が良いでしょう。

風災補償では強風で受けた被害や風による飛来物の被害が補償されます。例えば台風による強風で網戸が破損したり、飛ばされてきた飛来物で窓ガラスが割れた場合ですね。しかしここで気を付けたいのは、自宅からの飛来物が他人に被害を与えた場合は補償の対象外となるということです。これは「自然災害による被害には賠償責任が課せられない」という考え方に基づいており、被害を受けた側は自分の火災保険を使う必要があります。

被害者が火災保険に加入していればスムーズに片付く問題なのですが、加入していない場合はトラブルに発展しかねません。法的な賠償責任が発生しなくても厄介な展開になるのがご近所トラブルです。そのような事態を避けるためにも、災害時でも周りに迷惑をかけない対策をとるように心がけましょう。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca6k5726
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付