もう住めない?浸水被害を受けた家の復旧方法

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca6k7122
お電話の際必要です

もう住めない?浸水被害を受けた家の復旧方法

カテゴリー:災害情報
浸水被害を受けた家の復旧方法

台風や豪雨の季節は河川の氾濫や道路の冠水が発生し、各地で住宅の浸水被害が相次ぎます。ニュースではまるで家がプールに浸かっているかのような映像が流れますが「浸水した家は住み続けても大丈夫なのだろうか?」と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は浸水被害を受けた家を復旧するためにはどうするべきかご説明します。

家が浸水したときにすべき対処法

汚水が建物内部に侵入すれば部屋中がどぶ臭くなり、細菌の温床となってしまいます。大した処置もせずに住み続ければ建物の耐久性が失われるだけでなく、感染症を引き起こすおそれも。浸水被害を受けた住宅には相応の処置が必要になるのです。

汚水・泥の排出

汚水・泥の排出

まずやるべきことは家に浸入した汚水や泥を排出することです。汚水が流れ込んだ家屋は悪臭が充満し、とてもじゃないが耐えられるものではありません。放っておくと汚水が腐敗して更にひどい状態になり住むどころではなくなります。

泥を全て排出するのは中々の重労働になるので水が引き始めているときに一緒に外に洗い流すことが効果的なようです。綺麗に洗浄が終わったら、扇風機やサーキュレーター、エアコンなど使えるものを全て使って乾燥させましょう。

消毒処理

消毒処理

ある程度汚水の排出や片付けが終わりましたら住める状態にするために消毒をする必要があります。汚水や泥をキレイに洗い流したら床板を剥ぎ取り、乾燥させてから消石灰やクレゾールなどを用いて殺菌をします。

この処理が不十分ですと冒頭で述べたように感染症などを引き起こすおそれがあり、最悪の場合「破傷風」などの恐ろしい病気にかかってしまします。十分に気を付けて、かつ念入りに作業を行う必要があります。

広範囲にわたって浸水被害が出た場合は地方自治体が無料で薬剤を配布してくれたり消毒の手配をしてくれたりするので一度問い合わせみることをおすすめします。

壁紙(クロス)・床の貼り替え

壁紙(クロス)・床の貼り替え

浸水した家は住めなくなるわけではありませんが、床上まで水が流れ込んだのであれば床や壁紙(クロス)は諦めて撤去しましょう。畳も一度汚水が浸み込めば再利用はほぼ不可能です。

外壁まで水に浸かってしまったのであればクロスだけではなく断熱材まで駄目になっている可能性が高いです。汚水を吸い込んだ断熱性は乾かしても悪臭が酷かったり機能性に支障をきたしたり使い物にならないことがほとんどです。後々のことを考えても、クロスの張り替えと一緒に新調することをおすすめします。

コンセントの工事

コンセントの工事

水に濡れたコンセントは絶対に使用しないでください。通常、家庭用のコンセントも多少の水気でしたら問題ないように作られていますが、故障して漏電等を引き起こす可能性があります。またコンセントが乾いても隙間にはゴミや泥などの不純物が付着していることがあり、ショートの原因となりかねないため正常に使用できる検査が必要です。

まずはブレーカーを落としてから浸水しているプラグをすべて引き抜き、電気屋に連絡しましょう。ご家庭によっては漏電ブレーカーといって漏電が発生した箇所のブレーカーを自動的に落としてくれる機能がついていますが、その場合はプラグを抜く前にブレーカーを上げないようにお気を付けください

ショートや漏電は火災事故に繋がります。水濡れしたコンセントはいち早く電気屋に調べてもらい、安全が確認できない場合は取り替えを行いましょう。

修繕費用は保険や支援金で工面しよう

修繕費用は保険や支援金で工面しよう

ここまでご覧頂いてお分かりのとおり、浸水からの復旧には多額の費用がかかります。しかし水害のように広範囲に被害が及ぶ災害ですと被害状況に応じて行政から支援金や見舞金の支給を受けられる可能性があります。

行政の支援を受けるためには「り災証明書」が必要になりますので、被災してから出来るだけ早めに申請しましょう。申請の際は被害状況の写真があると損害の程度が分かりやすく正確な審査に役立つため片付けをする前に撮影しておきましょう。

とは言え大人数に配られる行政支援は微々たるもの。火災保険の水災補償に加入されているのであればそちらも申請を行いましょう。水災補償は損害額に対して保険金が全額出なかったり、そもそも補償自体をプランから外しているケースが多いですが、集中豪雨や勢力の強い台風が多発する現代では需要の高い補償です。ご自宅の水害リスクを把握した上でプランに組み込むかどうかの判断をし、非常事態には迷わず申請しましょう。

火災保険の補償内容についてはこちら「家を守る火災保険 補償内容を確認しよう」をご覧ください。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca6k7122
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付