損をしない屋根工事は工法を学べ!

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca2k135
お電話の際必要です

損をしない屋根工事は工法を学べ!

カテゴリー:屋根
損をしない屋根工事とは?

屋根工事の工法は、お家の状態に合わせて適切なものを選ぶことが大切です。建築業界には言葉巧みにお客様を騙そうと言う業者も多いですから、ある程度の知識を持っておけば自衛にもなります。何かと高額な屋根工事を成功させるために今回は工法の種類について学びましょう。

屋根工事の工法の種類

大掛かりな屋根工事は工法次第でかかる費用や工期も大幅に変わります。業者の中には「とにかく価格が高い工事」を提案してくる場合がありますので、各工法のメリットとデメリットを知っておけば安心です。お家にベストな工法を選択しましょう。

葺き替え工事

葺き替え工事

葺き替え(ふきかえ)とは屋根材や下地材を全て新しいものに替えることを指します。古い瓦などをすべて取り払い、必要であれば野路板(のじいた)や防水シートなどの下地材も新しいものに替えることができるため、耐久性はぐんとアップします。外観・内部の両方を新品に近い状態にできることが最大のメリットですね。

長期的に考えればおすすめしたい工法ですが、その分費用が割高で工事期間も長くなってしまうというデメリットを持っています。しかし屋根の状態次第では、細かいメンテナンスを重ね続けるよりも結果的に安価になることもあります。

カバー工法(重ね葺き)

カバー工法(重ね葺き)

カバー工法、または重ね葺き(かさねぶき)工事は、既存の屋根材の上に重ねるようにして新しい屋根材を葺きます。こちらも外観は綺麗になるため新築のような見栄えに変貌します。しかし上から蓋をするような形になるため、下地の大規模なメンテナンス・修繕ができないのが難点です。

屋根材が二重になるカバー工法には重量がかさむというデメリットがあるため、施工後は耐震チェックを行うことをおすすめします。また、重い日本瓦は施工できないため覚えておきましょう。

カバー工法は瓦の廃棄がないため、撤去費用の削減や工期の短縮が可能です。まさに一長一短といった工法になります。

締め直し工事

締め直し工事

上記二つは瓦を新しい物に葺き替える工法でしたが、既存の屋根材を再利用する締め直し工事という工法もあります。これは一度古い屋根材を取り払い、破損したり傷んでいる部分を修繕してからまた同じ屋根材を葺き直します。

新しい瓦の費用がかからないため遥かに安価に済む工法です。しかし屋根材が広範囲に渡り傷んでいる場合は、長い目で見れば葺き替え工事を行ったほうがコストパフォーマンスが良いこともあります。日本瓦など瓦そのものの耐久性が高い屋根材でしたら、締め直しを検討しても良いでしょう。

屋根塗装

屋根塗装

締め直し工事同様、屋根に大きな破損が見られない場合は塗装で済ませるという手段もあります。美観の問題や紫外線などに対する耐久性をカバーすることができますが、破損があった場合は根本的な解決にはなりません

しかし、塗装はメンテナンスとして大きな役割を果たします。修繕というよりは劣化への対策として非常に有効だと言えます。

補修工事

破損や傷みが小規模であれば屋根全体を修繕するのではなく補修工事で事足りるでしょう。ただ破損箇所の数が多かったり、工事が複雑になる場合はかえって葺き替えなどの施工をした方が安く綺麗になることがあります。その辺に関しては業者からもアドバイスがあると思いますが、屋根の状況をしっかり確認した上で検討しましょう。

適切な工法を見極めよう

適切な工法を見極めよう

最初に述べたように、屋根修理は状況に応じて適切なものを選ばなければ損をしてしまいます。例えば締め直し工事を行ったが屋根材の劣化が酷く結局新しい屋根材を葺くことになったり、本当は補修工事で良かったのに業者の口車に乗せられて高額な葺き替え工事を行ってしまったり…。

特に工事が二度手間となった場合、足場台も二回分支払うことになります。屋根工事に必要な足場は20万前後かかる場合もあり、それだけで費用が割高になってしまうのです。

しかし屋根のどんな状態にどの工法が適切なのかは素人には判断がつきません。だからこそ業者ときちんと打ち合わせをして、ご納得いただける工事をする必要があります

屋根工事にお悩みの方は屋根ットにご相談ください!当サイトでは一級とび技能士や一級建築施工管理士などの国家資格、そして建設業許可を15業種取得した信頼と実績を持った業者をご紹介しております。お客様が適切な工事を行うためのお手伝いをいたしますので、「屋根工事を成功させたい!」という方は是非当サイトにお問い合わせください。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca2k135
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付