屋根勾配の重要性 あなたの家の弱点は?

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca2k2202
お電話の際必要です

屋根勾配の重要性 あなたの家の弱点は?

カテゴリー:屋根

町を見渡せばいろんな形の屋根がありますが、同じ形状の屋根でも傾きに違いがあることにお気づきでしょうか。角度が緩い屋根、鋭い屋根など、お家によって様々ですがその角度は「屋根勾配(こうばい)」と呼ばれ住宅における重要な役割を担っています。あなたの家はどれに当て嵌まるでしょう?

屋根勾配が持つ意味

屋根勾配が持つ意味

屋根勾配とは簡単に言ってしまえば屋根の傾きのことです。傾き加減なんてデザイン性を除けば特に意味がないように感じるかもしれませんが、勾配は家の耐久性を決める重要な項目の一つです。勾配次第で雨漏りに弱い住宅、風に強い住宅、というのが決まることだって有り得ます。

ではどの角度だったらどういう特徴があるのか、以下のメリットとデメリットをご参照ください。

勾配別のメリット・デメリット

屋根勾配はほとんどの場合でで示されます。水平距離が10だった際に高さが3なら3寸勾配、4なら4寸勾配という風になります。その数値から、勾配は大きく分けて3種類に分類されます。

急勾配の特性

急勾配の特性

傾斜が強く6寸勾配以上のものが急勾配と呼ばれています。

  • 雨漏りの危険性が最も低い。
  • 屋根裏のスペースが確保できる。
  • デザイン性が高く外観が良い。
  • 耐風性に欠ける。
  • メンテナンスに足場が必須になる。

急勾配の最大の強みは雨漏りリスクが最も低いということです。傾斜が強ければ強いほど雨捌けは良く、雨水が留まる時間が短くなるため屋根材や下地材にかける負担が少なくなります。更に勾配の高い建物はデザイン性にも優れており、外観はオシャレな印象です。

その反面、台風などの風災には弱いというデメリットも。角度が強いと横殴りの風によりダメージを受けやすいということが原因です。また勾配が急だと屋根のメンテナンスや修理工事を行う際に足場が必須になるため、工事費用が高くなってしまうというのも弱みと言えます。

緩勾配の特性

緩勾配の特性

傾斜が緩く3寸勾配以下のものは緩勾配と呼ばれています。

  • 耐風性に優れている。
  • 足場が必要ではない場合がある。
  • 面積が少ないため施工費用が安価。
  • デザイン性に欠ける。
  • 雨漏りしやすい。

緩勾配は急勾配と真逆の特徴を持っています。傾斜が緩い屋根は雨水が溜まりやすく、雨漏りのリスクが高いのです。しかし場合によっては工事の際に足場代がいらない、屋根面積が少ないなど施工費用が安く収まる金銭的なメリットがあります。緩やかな傾斜だと風によるダメージを受けにくいため、耐風性には優れています。

並勾配の特性

並勾配の特性

3寸~5寸勾配のものは並勾配として扱われます。急勾配と緩勾配の中間くらいで、目立ったメリット・デメリットが無いバランス型として住宅街でも最も多く見られます。4寸程度であれば雨水が極端に溜まることもなく、風災に著しく弱いということもありません。足場はケースバイケースになりますが、工事内容と立地によっては必要ないこともあります。

急勾配と緩勾配のメリットは魅力的ですが、やはり総合的に見てバランスの良い並勾配をおすすめしたいところです。

自分の家の弱点を知ることが大切

屋根勾配はこれから家を建てる人だけではなく、すでにマイホームにお住まいの人々にも知ってほしい知識です。屋根の劣化というのは避けられないものですが、自分が住んでいる建物の弱点を知っているかどうかで出来ることが大きく変わります。

急勾配にお住まいであれば台風の後の点検は欠かせませんし、緩勾配にお住まいであれば些細な湿気で雨漏りを疑った方が良いでしょう。大切なのは家の異変を察知し、迅速な対応をすることです。

もしご自宅に何らかの損害が見つかった場合は、当サイトにご相談ください。屋根ットは多数の資格をもった関東密着型の優良業者と提携しており、ご依頼頂いたお客様の条件に合わせて業者を派遣いたします。損害の原因が台風や積雪などの自然災害であった場合は、火災保険が使えるかの調査を無料で行いますのでお気軽にお申し付けください!

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca2k2202
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付