日本瓦を知る!歴史長い瓦の特徴

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca2k2705
お電話の際必要です

日本瓦を知る!歴史長い瓦の特徴

カテゴリー:屋根

日本瓦は荘厳な見た目と高い耐久性から長きにわたって愛される屋根材です。そんな歴史ある日本瓦にも様々な種類がありますが、「葺き替えを検討しているけれど違いがよく分からない」というご意見も耳にします。

そこで今回は日本瓦の種類や違いをご紹介したいと思います。古き良き日本瓦の特徴を学び、理想の屋根工事のお手伝いが出来ましたら幸いです。

歴史ある日本瓦の種類

歴史ある日本瓦の種類

一般的には粘土で作られた粘土瓦とセメントで作られたセメント瓦などが「瓦」として認識されています。しかし、セメント瓦は厳密には日本瓦には含まれず、日本瓦は粘土瓦のことを指すというのが正解です。耐用年数が30~40年とされているセメント瓦とは異なり、粘土瓦は耐用年数50年以上、メンテナンス次第では100年持つと言われている優れた屋根材です。

強度に定評のある日本瓦は見た目も麗しく、表面処理によって瓦の味わいや性能も変わります。

釉薬瓦

釉薬瓦

画像引用:http://www.a-kawara.jp/example/touki_w.php

釉薬(ゆうやく)瓦は陶器瓦とも呼ばれ、瓦に釉薬(うわ薬)を塗って窯で焼き上げた瓦のことを指します。豊富なカラーバリエーションを持ちながら、塗装とは違った深い風合いを出せることが魅力的です。

使用された釉薬は色合いの変化をもたらすだけではなく、瓦の表面をガラス質に加工します。このことから、釉薬瓦は水が浸透しないというメリットも持っています。瓦と言えば日本家屋のイメージですが、近年では洋風住宅にも使用されることも多くなっています。

いぶし瓦

いぶし瓦

画像引用:http://www.a-kawara.jp/example/

いぶし瓦は何も塗らずに窯で焼き、その後むし焼き処理を施した瓦です。色合い豊富な釉薬瓦と異なり色は渋い銀色で、その風格から神社仏閣や和風な日本家屋に利用されています。

うわ薬を塗っていない分、水が浸透しやすく劣化症状が出てしまうことがあります。

必見!日本の三大瓦とは?

日本瓦は各地で製造されていますが、わが国には「日本三大瓦」と名高いスリートップの瓦が存在します。どれも素晴らしい瓦ばかりで、産地によって特徴が異なるためぜひチェックしておいてください。

三州瓦の特徴

三州瓦は愛知県で製造されている瓦で、全国で普及率トップを誇っています。特徴は幾度もの実験を繰り返して実証されている高い機能性で、地震などの自然災害にも耐え得る心強い性能です。

  • 耐火性能:瓦は不燃材。燃えにくいので屋根からの類焼を防ぎます。
  • 耐水性能:漏水テストを実施済。陶器質で優れた防水・耐水性を発揮します。
  • 耐寒性能:寒冷地で厳しい自然環境のもと耐久実験を繰り返し、安全を確認しています。
  • 断熱性能:通気性があり適度な換気を促して快適な住まいの環境を守ります。
  • 耐震性能:最大震度7の振動を加える実験を行い、優れた耐震性が実証されています。
  • 耐久性能:荷重に対する耐圧性も万全のレベルを確保しています。
  • 防音性能:吸音率試験で優れた遮音効果が確認されました。
  • 快適性能:瓦葺きの住まいは他の屋根に比べ、夏は涼しく冬は暖かいという特性を持ちます。

瓦Web -三州瓦・愛知県陶器瓦工業組合-より一部抜粋

淡路瓦の特徴

400年の歴史を持ち、先人から子々孫々へと受け継がれたのがこの淡路瓦です。名前の通り生産地は兵庫県淡路島。三州瓦と同等の性能を持ち、何よりも秀でているのはどんな建築にも調和する美しさだと言われています。なめ土という日本瓦に適した粘土を使用したキメ細かくまろやかな仕上がりが特徴です。

石州瓦の特徴

島根県で造られた石州瓦は「凍てに強く、水を通さないとにかく固くて丈夫な瓦」と評価されています。このことから日本海沿線の寒くて積雪の多い地域に活用されてきました。こちらも上記二つの瓦に負けず劣らずの性能を誇っています。

葺き替えは家の強度と相談を

日本瓦にとって最大の弱点は重量です。瓦は地震のときに危険だという意見もありますが、きちんと建物全体のバランスを考えて施工されていれば問題ありません。しかし、葺き替えとなると既存の建物に対して日本瓦の重さが不釣り合いな場合もありますし、既存の屋根材の上から新しい屋根材を葺くカバー工法は重量がかさむため選択肢から外れます。

日本瓦は素晴らしい屋根材ですが、お家に使用する際は施工店と事前にしっかり打ち合わせをしましょう。

瓦の葺き替えをお考えの方へ

日本特有の風土に合わせて研究され続けた日本瓦はわが国が誇る最高級の屋根材です。当然ですが屋根材の中でも最も高額で、工期も長くかかってしまうという特徴も持ち合わせています。そのせいで敷居が高いイメージもありますが屋根材としては非常に優秀ですので、葺き替えの際は是非ご検討ください。

屋根工事をお考えの方は、是非当サイトにご連絡ください!屋根ットは関東密着型の優れた屋根施工業者をご紹介いたします。建設や屋根のノウハウを持った職人があなたの屋根に対して最適なご提案をさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca2k2705
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付