瓦屋根は地震に弱い?耐震性に優れている屋根とは

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca2k4417
お電話の際必要です

瓦屋根は地震に弱い?耐震性に優れている屋根とは

カテゴリー:屋根

阪神淡路大震災、そして熊本地震では激しい横揺れにより多くの家屋が倒壊しました。日本に住んでいる以上、地震の脅威が避けようがありません。そこで日本国民が住宅において重きを置くのが耐震性。住宅の耐震化は政府が支援するほどの重要な取り組みです。住宅被害が1万棟にのぼった熊本地震を受けて更に関心が高まっていることでしょう。

今回は住宅の中でも特に重要な屋根の耐震性について解説したいと思います。

瓦屋根の耐震性能は実際のところどうなの?

瓦屋根の耐震性能は実際のところどうなの?

屋根材には日本瓦、セメント瓦、スレート(コロニアル)、ガルバリウム鋼板、トタンなど、数多くの種類があります。この中で、「地震の際に重量のある瓦屋根は危険」という認識を持たれている方は少なくないかと思います。古き良き日本家屋に広く使われる日本瓦ですが、実際はどうなのでしょうか。

確かに重たい瓦を使用した瓦屋根は、倒壊や落下によるリスクが大きいかと思われます。しかし屋根に瓦を使うと必ずしも危険性が高くなるというわけではありません。耐震性能を高く保つために最も重要なのは屋根と壁や梁、柱などのバランスです。それらの比率が適切に保たれていれば、瓦が重たくても耐震性を確保することができます。

建物には旧耐震基準と新しく制定された新耐震基準があり、地震が起きると旧耐震基準の建物がから崩れていきます。旧耐震基準である古い家屋は日本瓦が使われていることが多く、瓦が危険というイメージを根強く印象付けたのでしょう。

屋根材の問題ではなく全ては施工次第

屋根材の問題ではなく全ては施工次第

瓦屋根と建物のバランスがそぐわない場合は、先ほど述べた倒壊や落下のリスクを抱えることになります。そう考えると軽量の屋根材が無難とも思えますが、決定打は屋根材ではなく施工の質です。

特に途中で屋根の葺き替えや増設リフォームを行ったご家庭は、きちんと計算された施工が行われていなければ建物のバランスが狂っている可能性もあります。熊本地震でも屋根を瓦に葺き替えたものの、その下の梁や柱が老朽化していたために倒壊してしまった建物がありました。

葺き替え工事の際にその件を指摘してくれるような業者であれば良かったのですが、残念なことにそこまで気を回してくれる業者はあまりいないというのが実情です。

少しでも不安に思われた方は、積極的に耐震診断を行うことをおすすめします。耐震診断は地域によっては補助金が受け取れるのでお近くの地方公共団体に問い合わせていましょう。

自然災害に特化した防災瓦

自然災害に特化した防災瓦

画像引用:http://www.shintokawara.co.jp/product/10/

更に自然災害に備えるなら、防災に特化した防災瓦がおすすめです。防災瓦は瓦業界で新たに開発された製品で、ツメのようなアームで瓦と瓦をがっちりと固定します。耐震性だけではなく耐風性にも優れており、正に防災に特化した高性能を誇ります。

施工できる業者が限られていたり、価格が高価であったりと若干敷居は高いですが、災害に多い地域にお住まいの方は一度ご検討してみても良いのではないでしょうか。

密に相談できる業者選びが大切

建材に拘るだけでは防災にはなりません。住宅は絶妙なバランスで建っているため、どの建材にどの工法がベストなのか、何を優先して工事をするべきなのかなど、様々な要因を加味して工事計画をたてる必要があります。

大切なのはそれらを含めてきちんと相談に乗ってくれる業者選びです。質の良い業者は単に腕が良いだけではなく、お客様の不安や要望をくみ取って最適な提案をしていくことが求められます。

屋根ットでは、工事をお考えのお客様に関東を中心に活躍する優良業者をご紹介しております。提携している業者はお客様の悩みに寄り添った工事をご提案することを心がけており、親身に相談に乗ることをお約束します。また、火災保険や地震保険にご加入中の場合は保険申請のお手伝いもさせて頂きますので、安価で工事できる可能性も!

建物の改修やリフォーム工事をお考えの際は、是非相談していただければと思います。お問い合せは無料ですので、フリーダイヤルまたはメールフォームからどうぞお気軽にご連絡ください。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca2k4417
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付