雨漏りを引き起こす毛細管現象とは?仕組みと対策を解説!

電話番号:0120-000-000 受付時間:平日9:00~20:00
お問合せナンバー
ca2k7293
お電話の際必要です

雨漏りを引き起こす毛細管現象とは?仕組みと対策を解説!

カテゴリー:屋根

屋根に大きな損害は見当たらないのに何故か雨漏りが止まらない…そんなときは毛細管現象が原因の可能性があります。雨漏りが発生する原因はいくつもありますが、中でもこの毛細管現象はパッと見ただけでは分かりにくく発見が遅れる状況が悪化してしまうことも。

そんな事態を防ぐためにも、今回はあまり周知されていない毛細管現象の仕組みと対策についてこのページを見ている方にご説明いたします。

毛細管現象とは?

「水は重力に従って上から下に落ちるもの」というのが一般的な認識だと思いますが、必ずそうだとは限りません。水は細い隙間であれば重量に逆らって下から上へと吸い上げられることがあります。

毛細管現象とは?

身近な例ですと、水の入ったコップにストローをさしたとき、水が吸い上げられてストロー内部の水かさが上がる現象が挙げられます。画像を見るとイメージがしやすいのではないでしょうか。

この現象は主にスレート屋根(コロニアル/カラーベスト)や金属屋根などの薄い屋根材が横葺きされている場合に発生します。屋根材同士の隙間に吸い上げられて溜まった雨水が野地板に染み込むことで雨漏りへと繋がってしまうのです。

屋根材には一定の”隙間”が必要

冒頭でも述べた通り、屋根で毛細管現象が起きていても見た目で判断することは困難です。毛細管現象を防ぐためには塗装の施工に注意する必要があります。

屋根材には一定の”隙間”が必要

まず薄いスレート屋根にローラーで塗料を塗ると重なり合った屋根材の隙間が埋まってしまうため、カッターや皮スキ(※)で隙間を開ける縁切りという作業が必要になります。何故わざわざ隙間を作るのかというと、隙間が完全に塞がれていると屋根の裏側に入り込んだ雨水の逃げ道を塞いでしまい、雨漏りの原因となってしまうことがあるからです。

しかしその縁切りが不十分だとスレート間の隙間が中途半端になり、毛細管現象を引き起こしやすくなります。毛細管現象は隙間が狭ければ狭いほどを起こりやすいため、十分な間隔を確保してあげることが大切です。

そのために重宝されているのがタスペーサーという商品です。タスペーサーは下塗りの段階でスレートに差し込んでおくことで隙間を封じず上塗りを行うことができます。カッターや皮スキで縁切りをするとせっかく塗装した塗料が剥げたり傷いたりしてしまうので、これから塗り替えをする人は業者にタスペーサーを使用したいという希望をしっかりと伝えましょう。

※皮スキ…ペンキを剥がしたりサビ落としに使われる専用の金属ヘラのこと。

※縁切りとタスペーサーについてはこちら「【屋根塗装】スレートに必須?雨漏りから屋根を守る縁切りの必要性」で更に詳しくご説明しています。

外壁やシーリングからの雨漏りにもお気をつけください

外壁やシーリングからの雨漏りにも注意

毛細管現象は屋根以外の箇所からも始まります。例えば外壁にクラック(ひび割れ)があった場合、横殴りの雨が降れば外壁が濡れてひびに雨水が吸い上げられてしまいます。わずかなひび割れはすぐさま雨漏りに繋がる問題ではありません。しかし、見えないところで徐々に雨漏りが進行しているおそれもあるので早めに修繕するにこしたことはありません。

更に外壁の目地や窓枠周辺に施工されているシーリング(コーキング)部分は剥離やひび割れといった劣化をしやすく、雨の侵入経路になりがちです。シーリングはの耐用年数は7~10年ほどと言われていますが、環境によっては劣化が早まる場合もあります。目安としては5年に一度は簡単な点検を行うことが理想的です。

参考リンク:「外壁のひび割れは危険?クラックの種類と補修
      「シーリングが持つ役割 劣化すると危険!

一番の解決策は事前に損害を修繕すること

ほとんどの人は雨漏りが始まってから修理を決断されますが、既に雨漏りが始まっているということは建物内部の傷みが進んでいるということです。建物に浸入した雨水は木材を腐らせ家屋の耐久性を低下させます。

理想的なのは雨漏りが始まる前に問題の損害を修繕することです。ポイントとしては定期的な点検を欠かさないこと、そして風災害が起きた後の点検も速やかに行うこと。損害は気づくのが早ければ早いほど修繕費用も安く抑えることができます

特に屋根は家を守るという大切な役割を持っています。高所であるためご自身での点検は難しいでしょうが、少しでも違和感を感じたときは業者に調べてもらいましょう。

地域密着型で迅速に対応します!
当サイトは関東エリア(1都6県)に密着して屋根修理を行っていますので、迅速丁寧な工事が実現できています。関東地方にお住まいの方はすぐにご連絡ください。
お問い合わせ
number
お問い合わせナンバー:ca2k7293
お電話の際はお問い合わせナンバーをお伝えください
メールでの問い合わせは24時間受付